ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2017年04月20日
 ACMA:GAME(22) (週刊少年マガジンコミックス)

 00年代の中盤から2010年代の初頭まで連載された『未来日記』(えすのサカエ)をリアル・タイムで読みながら、いよいよフィクションにおけるデス・ゲームのムーヴメントも頭打ちかな、と予感させられたのは、理不尽なゲームに強制参加させられてもゲーム・マスター=神になってしまえば全部ひっくり返せるじゃん式の作劇に、さすがに度を越えているのでは、と思ったためであった。が、そうした作劇の方が時代にフィットしていたようで、2010年代もゲーム・マスター指向型のものが次々描かれてきた。近年の少年誌を見ても、『神さまの言うとおり』シリーズ(金城宗幸・藤村緋二)や『DEATH NOTE』のコンビによる『プラチナエンド』(大場つぐみ・小畑健)などが、おそらくはゲーム・マスター指向型に入れられる。個人的に、ゲーム・マスター指向型の作劇に対し、あまり好意を持たない。もちろん、理不尽なゲームに絶望せず、いかにサヴァイヴァルするか、単なる残酷ショーとサスペンスに終わって欲しくはないのだけれど、超異常事態に抵抗すること、あるいは人間が無力ではないことの証明を念頭に置いた際、疑問を抱かざるをえないケースが少なくはないからである。

 超異常事態に巻き込まれた人間たちのコン・ゲームであり、デス・ゲームのヴァリエーションともいえるであろう『ACMA:GAME』(メーブ・恵広史)が、22巻で完結した。正直な話、はっとさせられるまでのインパクトを備えてはいなかったかもしれないが、最後まで目が離せなかった作品の一つである。悪魔と呼ばれる存在が具体的に描かれ、人類を超越したファンタジーの領域が明示的、つまりは作中で何が起こっても不思議ではなかったため、当初は、これもゲーム・マスター指向型なのかな、と見ていたのだけれど、違った。むしろ、ゲーム・マスター=神の立場になろうとする者があることを拒否し、あくまでもプレイヤー=人間の立場にとどまろうとすることのなかに、希望を覗かせていたような気がする。主人公である織田照朝と最初のライヴァルであるマルコ・ベルモンドの対決を含めた1巻の段階で、父子の関係が重要な柱となっていることは明らかであった。それが最後の対決に大きな意味合いと物語の展開に一貫性とを与えている。父親の果たせなかった偉業を主人公が代理し、果たしてきたことが独善とは異なった種類の幸福と勝利とに繋がったのだ。

 まあ、高校生にして大財閥の会長、容姿端麗で頭脳も優秀という主人公のスペックは、トゥー・マッチだよね、ではある。しかし、思春期特有の正義感と理想主義とが様々な局面で生きてきたことを忘れてはならない。理知的で一癖も二癖もある登場人物が揃っていた点は、マンガの魅力を考える上で大きい。と同時に、主人公の正義感と理想主義とが彼らにもたらした影響のはっきりとした痕跡こそが、『ACMA:GAME』の核であろう。ギャングのマルコにはじまり、ついには悪魔のガドまでも落としてしまった照朝の人たらしの才能は、そのオーヴァーなスペックであるよりも、その強固な意志の発揮された結果として理解されるべきだと思う。
2017年01月22日
 龍帥の翼 史記・留侯世家異伝(3) (講談社コミックス月刊マガジン)

 川原正敏といえば、『修羅の門』が有名だけれど、『修羅の刻』や『海皇紀』等、実は歴史ものや戦記ものの作者としてのキャリアが長い。その川原が『龍帥の翼 史記・留侯世家異伝』で扱っているのは、副題にある『史記』のなかでも「項羽と劉邦」の物語によって知られる箇所である。「項羽と劉邦」は、横山光輝や本宮ひろ志といったビッグ・ネームをはじめ、多くのマンガ家に描かれてきたが、『龍帥の翼』の場合、漢の劉邦に使えた軍師、張良を主人公とし、彼の復讐と立身出世とに重きを置くことで、独自性を導き出そうとしているのではないかと思う。もちろん、舞台は紀元前の中国だ。秦が中国を統一する際、祖国である韓を滅ぼされた張良は、仇である始皇帝の打倒を誓う。それが天命なのか。多勢に無勢で秦に挑み、敗走を繰り返しながらも生き延び、不思議な出会いを経、劉邦の軍に合流するのであった。独自性は、張良や劉邦が(膨大な人口においては、これぐらいの才能はまれではないであろうという意味で)平凡なカリスマとして描かれているあたりにも見られる。作中のレベルはもとより、読者のレベルから判断しても期待値の低い登場人物となっているのである。注意されたいのは、その平凡なカリスマの一人であるような張良が自分の来歴を捏造していくことで、歴史や物語のレベルでの役割を大きくしている点だ。要は、はったりや法螺の類が張良の知性をアピールする手段となっている。通俗的な張良のイメージは、張良自身に創作されたものであって、そこに作者の想像力の入り込む余地が生まれているという仕掛けでもある。はったりや法螺の類であろうと口コミなどの情報を操作し、自分を過大広告することは、インターネットが主流の社会でも頭が良いとされる人たちがやっていたりするので、まあ、現代に通じるところがありますね、といえる。正直な話、張良が現代にいてもおかしくはない平凡なカリスマみたいに描かれているため、彼の活躍からくる盛り上がりは弱い。これを補っているのは、黄石や窮奇といったファンタジーの世界からやってきたかのような登場人物の存在感であろう。本来なら張良の師として伝えられている人間を正体不明の少女にアレンジした黄石と鬼神じみた戦闘力の窮奇とを張良の強力な仲間に据えていることもまた『龍帥の翼』の独自性に挙げられる。いや、むしろ、黄石や窮奇の存在感こそが作品にとっての重要なフックになりえているのだけれど、しかし、主人公の位置を占めているのは、あくまでも張良にほかならない。黄石や窮奇の助けを得た張良が次第に頭角を現していく。やはり、これを抜きにしては成り立たないマンガになっているし、この3巻では、張良を軍師に加えた劉邦にも平凡なカリスマ以上の輝きが備わりはじめているのであった。