ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2014年04月18日
 俺の心臓は彼女にしか撃ち抜けない (小学館文庫)

 西森博之は、本来はマンガ家だが、既に『満天の星と青い空』という小説がある。それ以外にも『道士郎でござる』のワイド版に『エリカの城』という小説を発表していたわけだけれど、まとまった作品としては、この『俺の心臓は彼女にしか撃ち抜けない』が第二作目にあたるだろう。『満点の星と青い空』の基本的なアイディアは、現在『週刊少年サンデー』に連載されている(自身が原作をつとめる)『何もないけど空は青い』に流用されており、それは要するにポストアポカリプスものに少年マンガのテンションをミックスしたものであるし、本格派のSFであるよりは、文体を含め、ライトノベルのスタイルに近いと見なせるものだったと思う。そして、ライトノベルのスタイルに近い点に関しては『俺の心臓は彼女にしか撃ち抜けない』も同様である。

 主人公の杵屋孝志は二次元の女性にしか興味がないため、同級生から「アニオタ」と呼ばれている。その彼が高校の帰り道に立ち寄った神社で、呼吸を忘れるほどの美少女と出会い、それと同時にとある天啓を授かったことがすべての発端であった。巫女の格好をした美少女、霞は言う。「あなたは神性力を持つ無敵の超人、神選者になりました。どのような望みも叶えられるでしょう」と。事実、孝志はどのような望みも自力で叶えられるほどに強力な肉体を得るのだった。が、当の本人は目の前に現れた美少女の方が奇跡だと思っていて、世界征服やヒーローではなく、ただ霞とともに平凡な日常を送り続けられることを願うのである。霞に自分のことを「お兄様」と呼ばせて喜ぶ程度の恩恵で満たされていた。しかし、超人に選ばれたのは孝志だけではなかった。同時期に神選者となった四十七歳のサラリーマン、加戸哲文が欲望のままに力を暴走させ、日本中を混乱させていったせいで、ついに孝志は加戸と対決せざるをえなくなってしまう。

 ライトノベルのスタイルに近いと述べたけれど、ここ最近のライトノベルの読み手からすると、作品の結構はいくらか古びて感じられるのではないかというのが正直なところである。なぜ孝志が神に選ばれたのか。孝志を選んだ神は誰か。神が美少女に与えた役割は何か。こうした問いがバック・グラウンドには用意されているのだが、それはメタ・レベルの存在を織り込み済みにし、物語を機能させるための手段でしかなく、仕掛けとして凝っているというより、ゲーム的なリアリズムを持ったフィクションにお馴染みのパターンの一つであろう。また、アニメ・オタクを主人公に設定しているものの、「妹萌え」といった今日において一般化された特徴を負っているにすぎず、作中で言及されるのもせいぜいが『ドラゴンボール』や『ジョジョの奇妙な冒険』、『未来少年コナン』等であったりするあたり、まあ大した問題ではないのかもしれないが、多少オールドスクールな印象をもたらしてしまう。

 ただし、孝志と加戸の対照は、所謂「俺TUEEEE」型の万能感をある種のツールに見立てたとき、いかなる使われ方をする(いかなる人間に使われる)のであれば、幸福に繋がるのかを探り探りするような止揚であって、それがエスカレートするのにつれ、ドラマもぐいぐい盛り上がっていく。残酷な面をより残酷にし、コミカルなパートをよりコミカルにしながら、単に美少女といちゃつきたいだけだったお話が、いつしか少年性の気高いロマンとエモーションとを獲得するのだ。西森博之のマンガのファンならわかるだろう。暴力によって輝かしい翼を折られ、窮地に立たされた主人公たちが、持ち前のガッツと理性とで起死回生の逆転劇を繰り広げるあれである。が、全編を通じ、説明と描写を混同しているせいか。『満天の星と青い空』と同じく、ああ、これ、マンガで読みたかった、という部分に残念さがある。

 『満天の星と青い空』について→こちら
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(2014年)
2014年04月15日
 彼女の倖せを祈れない (幻冬舎文庫)

 浦賀和宏の『彼女の倖せを祈れない』は、『彼女の血が溶けてゆく』と『彼女のため生まれた』に続くシリーズの第三弾であって、主人公=語り手はこれまでどおり、週刊誌へ寄稿しているライターの桑原銀次郎である。その銀次郎がとある報せを受けたことから物語は幕を開ける。ライヴァル誌のライターで仇敵ともいえる青葉幸太郎が日比谷公園で何者かに刺し殺されたと聞いたのだ。犯人は不明。もしかすると危険なネタを追っていたのかもしれない。同じ立場の銀次郎にとって、青葉の死は明日の我が身でもある。シンパシーからか。自分を恨んでいたはずの青葉に関する取材を引き受けた銀次郎は、事件を探り続けるうちに思いもかけぬ真相に突き当たるのだった。成り行き、当事者の一人となった主人公が、被害者や加害者の家族と対面することで、彼らの知られざる一面を覗き見、単調に思われていた事件の背景に潜められていた不吉な因果を、ついには暴き出してしまうというのは、このシリーズのパターンであろう。今回もやはり、銀次郎が様々な人物たちのあいだを右往左往し、ハードボイルドの探偵よろしく、苦悩とともに身を削りながらの大活躍を果たしていく。もちろん、青葉を含め、前二作に出ていた面々も物語に絡んでくるし、シリーズものならではの魅力が確かにある。

 と、おおよそのところを述べ、そしてそれが誤りではないことを断言してもよいのだけれど、嘘。うそ、うそ、うそ、全部うそ。いや、ウソじゃないのだが、嘘なんだ。おい、おまえは何を言っているのだ。ちくしょう。油断してたじゃねえか。こうしたシリーズものにおいて、ある種のパターンを確立することと作品の密度を高めることは、しばしば同義になりうるし、実際、『彼女の血が溶けてゆく』と『彼女のため生まれた』がそうであったとおり、優れた探偵の役回りを銀次郎がこなしてみせることで物語は次々とステップを進めていくものだから、浦賀和宏という作家がどのような資質の持ち主であったかをうっかり忘れていたね。忘れていた。ネタを割ってしまうことになるので、詳しくは触れられないが、まさかまさかの展開を前に、あらためて思い知らされたわ。

 ああ、内容の半分ぐらいしか他人に説明できない。説明しちゃだめな小説だ、これは、と思う。ミステリにおけるアクロバティックな仕掛けが云々というより、『彼女の血が溶けてゆく』や『彼女のため生まれた』では、ほとんど封じられていた浦賀和宏ならではのセオリーをぶち壊したサプライズが、ここにきて、まざまざと復活している(あるいは前二作で封じられていたがゆえに効果的に発揮されている)のである。無論、ミステリにおけるアクロバティックな仕掛けは、終盤、事件の真相を掘り下げるのに不可欠なキーとして存在しており、ある意味で映像化不可能な領域を作り出しているのだったが、それ以前の箇所で、ええ、それは禁じ手でしょう、のインパクトがでかい。ずるい。シリーズ全体のバランスを躊躇なく瓦解させているのだ。しかし、個人の欲望が(浦賀の初期の作品のように)人類や世界規模の陰謀論に接続されるのではなく、その矮小さがあくまでも矮小なものとして社会や政治のレベルで処罰されているため、心地の悪さはさほどない。さらに『彼女の血が溶けてゆく』も『彼女のため生まれた』も、その題名は比喩などではなかった。案外、物語の中身を直接指示していたわけだけれど、それはこの『彼女の倖せを祈れない』も一緒だといえる。

・その他浦賀和宏に関する文章
 『彼女のため生まれた』について→こちら
 『彼女の血が溶けてゆく』について→こちら
 『女王暗殺』について→こちら
 『萩原重化学工業連続殺人事件』について→こちら
 『生まれ来る子供たちのために』について→こちら
 『地球人類最後の事件』について→こちら
 『堕ちた天使と金色の悪魔』について→こちら
 『世界でいちばん醜い子供』について→こちら
 『さよなら純菜 そして、不死の怪物』について→こちら
 『八木剛士史上最大の事件』について→こちら
 『上手なミステリの書き方教えます』について→こちら
 『火事と密室と、雨男のものがたり』について→こちら
 『松浦純菜の静かな世界』について→こちら
 「三大欲求」について→こちら
 「リゲル」について→こちら
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(2014年)