ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2008年04月03日
 HEAD OFF

 おまえさんたちがロックン・ロールを奏でるなら、必ずやロックとロールを聴くことになるであろう。と、いつもどおり、そのような確信をTHE HELLACOPTERS(ザ・ヘラコプターズ)の、企画盤などを除けば、通算7枚目となるフル・アルバム『HEAD OFF(ヘッド・オフ)』からは得られることができる。あいかわず、堂々として、揺るぎなく、安定感があり、安心感がある、態度のはっきりとした、とてもかっこうのよい作品である。もちろん、BACKYARD BABIESのドレゲンが参加していた頃の、つまり初期の2枚にあったスリルとインパクトは完全に散って、ところどころに紛れ込んでいる程度であるけれども、いやいや、ディスコグラフィを振り返り、よくよく考えるのであれば、99年のサード・アルバム『GRANDE ROCK』以降に展開されてきた、この、黄昏と哀愁を帯びても、なお軽やかに跳ね、爽快感を狙って外さないサウンドこそが、THE HELLACOPTERSというグループが、本格的にバンド化したさい、確固確立した本質だと解釈すべきであり、そうした路線のニュー・ヴァージョンとして、『HEAD OFF』は、見事なレコード(記録)の更新を決めている。1曲目、ソウルっぽいというかファンキーなふしがあるというか、どことなく小躍りしたくなるような「ERECTROCUTE」のピッチは、同郷であるスウェーデンのTHE HIVESが『THE BLACK AND WHITE ALBUM』で展開したそれに共鳴するものがあるけど、あちらよりもこちらのほうが、よっぽど色っぽく、艶めかしい、と感じられるのは、一体となった演奏のグルーヴ、とくに2本のギターの、やわらかく、しなやかなコンビネーションと、それに被さるキーボードの、リラックスしたハーモニーゆえに、だと思う。もちろん、ギターを兼ねるニッケ・アンダーソンのヴォーカルも、たいへん雰囲気があって、繰り返しのフレーズに味のあるクセをつけてゆく、ここぞとばかりに叫ぶパンキッシュな一声には、胸が、かっ、となる、テンションがあがる。そうした好調さを受けて、続いていくナンバーはどれも、ほどよくキャッチーであり、適度にタフであり、場合によってはメランコリックであり、まあたしかにレトロスペクティヴといえばそのとおりであるし、今日的なアクチュアリティはないに等しいが、しかしシンプルなコードのなかに、ロックン・ロールの、とてもワンダフルなマジックを次々に覗かせる。にもかかわらず、これがラスト・アルバムだという。このアルバムのリリースにともなうツアーを最後にバンドは解散するという。十年ちょっとの活動期間は、けして短いものではないにしても、やはり、もったいない、としかいいようがない。すくなくとも、これまでのキャリアにおいて、まるで駄目な作品を発表したときが一度もないだけに、余計にそう惜しまざるをえない。日本盤のボーナス・トラックにあたる2曲をべつにすれば、本編のラストを飾る12曲目の「DARLING DARLING」が、これがさあ、また、凝ったところはないのに、あるいは凝ったところがないためにか、おどろくほどチャーミングな佳曲で、タイトルどおり「ダーリン、ダーリン」とリフレインされる憂いが、スピーカーが止んだあとも、やたら耳に残る。

 『AIR RAID SERENADES』について→こちら
 『ROCK & ROLL IS DEAD』について→こちら
 『STRIKES LIKE LIGHTNING』について→こちら 

 バンドのオフィシャル・サイト→こちら(音出ます)
posted by もりた | Comment(3) | TrackBack(0) | 音楽(08年)
この記事へのコメント
なんで森田さんは改行をなさらないんですか?
Posted by 質問です at 2008年04月03日 12:49
素朴にして本質的な質問ありがとうございます。

よい機会なので、いちおう真剣にお答えしますと、このブログって自分では、ほとんど携帯からしか見ないんですよ(更新するのはPCからですが)。そのとき、あくまでも個人的な基準で、なんですけれど、改行していないほうが読みやすいからです。たかだかその程度の理由で、改行に抵抗があるとかではないです。

たとえば、このブログ以外や、コメント欄などでは、こうやってふつうに改行した文章を書きます。

もしも改行してくれたら嬉しいという声が少なくない数あるのであれば、書き方を検討するのもやぶさかではありません。自分ひとり以外に、このブログを読んで(見て)くださる方がいるのは嬉しいことでありますから。ただ、じっさいに変えるかどうかは、慣れもあるので、ちょっと何とも言えませんが。
Posted by もりた at 2008年04月03日 15:38
私も改行については、内心なくて読みづらいと前から思っておりました。
やっぱり web でこれだけの文章量読ませるんだったら、改行あったほうがうれしいな。
Posted by shooter at 2008年04月04日 07:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック