ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2004年10月26日
 また文章が下手糞になってきてる。これ以上悪化させるわけにはいかないので、もうちょいさくっと書くようにしよう。

 いやあ、恋するって切ないな。切ないから、僕たち(誰と誰と誰だよ?)は、笑顔でもって悲しみもやり過ごすんだった。
 これまで脇役に甘んじていた赤星くんが、いよいよ物語に密接に絡んできた。つうか、赤星くん、超かっこいい。僕のタイプである。こういう好きな子にちゃんと優しくできる男ってのは、そりゃあモテるわな。たしかに、他の女の子には冷たいけれど、でも、その分のやさしさが、たった一人にだけ向けられている。まっすぐなのである。だけど、そのまっすぐさが報われるかどうかなんてわからない。もしも報われないとしたら?
 やっぱ、恋するって切ねえや。切なければ切ないだけ夢中になるよ、君に(誰?)。

 →2巻についての文章
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック