ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2008年02月22日
 Overrated

 ENUFF Z' NUFFのディスコグラフィのなかでもとくに評価が高い『STRENGTH』を、まるごとアコースティックのアレンジでカヴァーした『EXTRA STRENGTH』を聴いて、なんかドニー・ヴィーは残念な感じになってるな、と思ってしまったのであったが、そのドニー・ヴィー脱退後というか離脱時のENUFF Z' NUFFで、本来の役割のギターばかりでなくメインのヴォーカルをもつとめるジョン・モナコ(JOHNNY MONACO)のファースト・ソロ・アルバム『OVERRATED』は、いやいや、これが、意外といっては失礼ながらもブリリアントな一品であったから、おどろく。どこかCHEAP TRICKを思わせるような、そういうパワー・ポップとロックン・ロールのちょうど良いバランスのうえに成り立ったサウンドは、もちろんENUFF Z' NUFFに通じるものであるけれど、ウェットな部分はほとんどなく、きわめて陽性にはじける。ときおり挿入されるムーグ調のキーボードとグラマラスなハーモニーが、今や懐かしのIMPERIAL DRAGを彷彿とさせ、適度なハードさで鳴らされるギターと十分にキャッチーなコーラスの盛り上がりは、REDD KROSSやFUZZBUBBLE、NEONの不在を嘆くファンあたりにもアピールしそうな魅力を孕んでいる。と、いろいろ引き合いに出してしまったけれども、この手のスタイルは、楽曲それ自体の質が個性を保証するのであって、まぎれもなく佳作であるといえる。

 アーティストのオフィシャル・サイト→こちら


posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(08年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。