ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2008年02月07日
 「喜びの歌」からこちら、ロック色のつよいナンバーのシングル・リリースが続くKAT-TUNであるが、ヒムロックにソング・ライティングを頼んだ「Keep the faith」を経て、ついにこの「LIPS」では、スピード・メタル(またはオールドスクールなヴィジュアル系と言い換えても良いような)ノリに達した。細かく刻まれるギターのリフと、どたばた走るドラムの印象は、まさしくそうだろう。あるいは、他のジャニーズ・ユニットとの区別化をはかり、このグループならではのカラー、つまりは田舎ホストくさい不良性を引き出すには、この疾走感こそが相応しかったのかもしれない。思いがけず、本格デビュー以前のコンサートを収めたDVD『Live 海賊帆』の頃をイメージしてしまいそうな、そういう曲調である。作詞のAxel-Gと作曲のYukihide“YT”Takiyamaは、おそらく一般的な知名度は低いに違いないが、嵐のアルバム収録曲などで見かけられる名前で、さすがにツボを押さえたソング・ライティングがなされており、直情的な歌詞と直線的な旋律とがマッチし合う、その勢いのなかに、陳腐と紙一重のゴージャスさを響かせる。ただし、メンバーの個性が十分に同居しているとは言い難いところもあって、たとえば、JOKER(田中くん)のラップはKAT-TUNの必要条件とはいえ、この楽曲にほんとうに必要だったのか、の疑問をつくる。このへんの判断は微妙なのだけれど、ギター・ソロと真っ向から渡り合う中丸くんのヴォイス・パーカッションはアイディアとしてすぐれ、そのまま田中くんのラップに入っていく展開はとてもかっこうよいんだが、テレビの音楽番組などで披露されているヴァージョンで露わなとおり、ラップそれ自体はややとってつけた感があるし、全体のテンポとうまくかみ合っていない気がしてしまう。しかしながら、赤西くんと亀梨くんによるフロントの歌いっぷりに、その色っぽさが、たいへんよく伝わってくるのもあって、個人的な趣味でいえば、「SIGNAL」以来ひさびさに、まちがいなく好き、と断言できるナンバーだ。

 「喜びの歌」について→こちら
 『Cartoon KAT-TUN II You』について→こちら
 『Live of KAT-TUN “Real Face”』DVDについて→こちら
posted by もりた | Comment(2) | TrackBack(1) | 音楽(08年)
この記事へのコメント
私はちょっと微妙でしたかねぇ。
むしろカップリングの曲の方が好きかも。

まぁそのうちちゃんと感想書きます。
Posted by shooter at 2008年02月07日 22:25
カップリングの曲調は好きなんだけど、ギターやドラムがへんにうるさいのがあまり合ってない気がして、そこがなあ。
Posted by もりた at 2008年02月08日 17:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/82810807

kat-tun 喜びの歌
Excerpt: ちゅちゅに亀ちゃん女性セブンにじゅんの!ジャニウェブ東山→亀へ ...ってことで微妙にピントぼかしたけどこんな感じです!!!表紙はちょっとロックっぽい「喜びの歌」っぽい感じでかっこいいね!!でもエコ..
Weblog: KAT-TUN カトゥーンを画像と動画で応援するブログだよ!
Tracked: 2008-02-22 17:57