ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2004年10月09日
 マーズ・ヴォルタのギタリスト、オマーのソロ・アルバム。10曲目に、やはりマーズ・ヴォルタのメンバーであるセドリックがヴォーカルで参加しているが、基本的には、抽象的なインスト楽曲集である。これを聴くと、マーズ・ヴォルタのなかにあるプログレ的感覚の一端は、ギターのチューニングに担われていることがわかる。アット・ザ・ドライヴ・イン時代には、ピンク・フロイドがカヴァーされたことがあったが、オマーの発する音は、ロジャー・ウォーターズの世界観をサポートするデイヴ・ギルモアを思わせる。ちなみに2曲に、ジョン・フルシアンテがゲストとして登場している。


posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。