ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2007年12月06日
 高橋一郎の『バレーボール使い郷田豪』は、すごくおもしろい、と他人に薦めたくなるほどでもないし、まあ、打ち切りも仕方がないかな、という気はするにはするのだけれども、個人的な趣味でいえば、とても好きなマンガである。おそらく、少年マンガのセオリーをパロディ化しつつ、そのパロディを少年マンガのセオリー内で転がす、そういった発想のうえに作品は成り立っているのだと思われ、そこを魅力的に感じるのだが、しかし厳しくいえば、シリアスにストーリーを追うと、整合性やカタルシスが弱く、ギャグの面に関しては、あまりきれいにオチていないような、要するに、断片のトリッキーともいえる重なりが、十分なぐらいの質へとは結びついていない。まあ、このへんはもしかしたら、うすた京介の『武士沢レシーブ』が持っていた印象に近しくもあるので、そうした構造自体に、なにか重大な欠陥があるのかもしれない。けっこう早い段階で、「バレーボール使い」と風紀委員会の対決という、ひじょうに明瞭な主軸が打ち出されていたにもかかわらず、主人公のカリスマが天然性であるため、自覚的な行動がとられているふうには見えず、全体の目的が曖昧としてしまったのが、悔やまれる。
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ(07年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック