ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2007年11月11日
 たびたび申し上げているとおり、11月11日(日)に行われる『第六回文学フリマ』に参加します(詳しくは→こちら)。サークル名は「凡TIME」で、スペースは2階B-43になります。今回、頒布を予定しているのは以下の三冊で、(2)と(3)は、昨年、一昨年のものと同じコピー誌です(数はすくないですが)。いずれもぜんぶ200円という設定になっております。

(1)『文芸誌の一年[二〇〇七年上半期]』……こちらが今年の新刊です。いわゆる文芸時評に近いスタイルなのですが、いくつかの小説を取り上げ、それらを論じてゆくというのではなくて、むしろ批評などを含めた作品周りの情報のほうをおもに、現代的な文学のシーンまたは純文学とされる小説群をかたちづくる環境の、その傾向を考察した内容になっています。正直なところ、どれだけ需要があるのかはわかりませんが、誰も面倒くさくてやらないだろうと思われることをやってやったぜ、との自負はあります(どんな自負だろう)。ほんとうは一年分をまとめたかったのですが、制作の工程上、今回は上半期分(というか一月号から六月号まで)の文芸誌に絞らせていただきました(それ以降は、また次回ということで)。まあ、それでもそこそこの文量になっています。PDFですが、いちおう表紙(→こちら)と目次・序文(→こちら)の見本を用意しましたので、興味のある方は、そちらをご覧になってください。

(2)『異者の攻防――佐藤友哉「慾望」論』……原稿用紙60枚ほどの長さで、佐藤友哉の短編小説「慾望」を論じたものです。

(3)『最果てにて――佐藤友哉「『世界』の終わり」論』……佐藤友哉の小説「『世界』の終わり」(『新現実』掲載のヴァージョン)をベースに、村上春樹からグランジからエヴェンゲリオンからJポップ等を経由し、90年代以降における自意識がいかなるものであったか、を論じております。

 +このエントリは当日までいちばん上に表示されます。
posted by もりた | Comment(1) | TrackBack(1) | その他。
この記事へのコメント
もりたさんにオススメ↓

『人生の鍛錬―小林秀雄の言葉』新潮新書 209
Posted by ゴダールの決別 at 2007年11月10日 13:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

[小説][文芸評論]文学フリマ感想その1
Excerpt: 今日までに読み終わったものの感想。 今後も、読み終わり次第随時書いていく予定。 CRITICA Vol.1 探偵小説研究会。 友達用で、渡す前に瀬名秀明インタビューと千野帽子の文章を読んだ。 法月倫..
Weblog: logical cypher scape
Tracked: 2007-11-15 01:57