ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2007年11月04日
 率直にいって、田中靖規の『瞳のカトブレパス』は、そんなに詰まらなくないマンガだったと思うんだが、これだけ早々に終わってしまったということは、あまり多くに受け入れられなかったということで、とても寂しい。とはいえ、抜群におもしろく、期待感の高められた1巻からすると、この2巻に入ってからは、場面展開などにごちゃごちゃしすぎた感があるのは否めない。師匠にあたる荒木飛呂彦ゆずりの突飛なアクションを、伝奇的な設定のバトル・ロマンに取り入れた作品の格好は良かったのだが、物語が進み、登場人物たちが増えるにつれ、そのディレクションに技術が追いつかなくなっていったというところであろうか。どの時点で打ち切りが決まったのかはわからないけれども、終盤は、まるで作者の焦りがテンポの悪さとなりあらわれてしまったかのようでもある。敵方から街(K都)を守ることに目的を一本化するか、あるいは、もっと早い段階で主人公サイドの人間を絞って旅に出すかすれば、ストーリーの流れもスムースになり、ずいぶんとわかりやすくなった気がする。いずれにせよ、ひどく惜しい、というのが結果的な印象である。
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ(07年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック