ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2007年08月11日
 ドクロ×ハート (りぼんマスコットコミックス)

 村田真優の『ドクロ×ハート』に収められているうち、ひねた男女の回りくどい恋愛を描いた「君の瞳に」と「想いはあふれて」「愛想カラフル」は、いかにも習作といったところで特筆すべき点はないのだが、表題作にあたる「ドクロ×ハート」と、その続編的な「ドクロ×ハート―青春編―」のにぎやかさには、すごく、幸せな気分になれる。作風自体は、オールドスクールな『りぼん』のマンガといった感じで、素直で元気な中学生を素直で元気なままに描いているふうなのだが、世代の違いなのか、ところどころにあるセンスが妙でいて、たのしい。とくに、「青春編」の完全にワキ役なんだけれども、坂本先生が生徒に言う〈愚の骨頂が〉という嫌味で、すまん、ふつうに笑ってしまった。だいたい〈そんな所に固まっていると邪魔だろうが / 愚の骨頂が〉とか〈さっさと帰れ / 愚の骨頂が〉とか、使い方からして、意図的なのか天然なのかは不明だが、ちょっと変だろ。でもね、しかしまあ、そのようなキュートさが、作品を盛り上げるのに一役買っており、結果的にではあれど、とても好感を持つ。
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ(07年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/51035426