ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2007年08月11日
 机上のrubber (講談社コミックスフレンド B)

 ヒナチなお初の単行本『机上のrubber』には、ぜんぶで四篇のマンガが収められているけれども、表題作の「机上のrubber」が、とてもかわいいお話で、良い。和む。たまたま隣同士の席になってしまった男女が、お互いの机に落書きをし合ううちに、親密になっていく、というストーリー自体は特筆すべきものではないし、ここはあのマンガ家っぽい、と指摘できなくもない、つまり今日に類型的な描写が多いけれども、登場人物たちの些細ともいえるやりとりのうちに、感情の振幅が、うまく捉まえられているように思う。とくに鉛筆の文字で真っ黒になった机に、さっと消しゴムで、しろく、「すき」と綴るシーンが、清新な印象を寄越す。そのほかの作品もけして悪くない、とはいえ、ギャグとロマンティシズムの過剰なギャップを、技術的な拙さをフォローするための安易な手法としてしまっている点が、いや、これは最近の若手少女マンガ家によく見られる傾向ではあるんだが、ややもったいない。


posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ(07年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。