ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2007年08月06日
 せっせとグッズを買いあさり、会場に入った段階では、開演前のBGMがレッチリだったことに気づき、ああ、まあ、アルバムがややファンキッシュな内容であったことからすると、これはこれでアリだな、盛り上がるねえ、と、冷静を装うそぶりもできたんだが、だめだ、じっさいミニ・バイクに乗って白い特攻服を着たメンバーが登場し、そして「ズッコケ男道」から「関風ファイティング」とヒット・チューンが、いきなり続くなかで、花道のワキに設置されたパイロが、どかーん、どかーん、って鳴り響けば、それ以降はもう、縦横無尽に特殊なステージ装置を移動する七人に、全神経が釘付けになるしかなかった。最大の目当ては渋谷すばるくんだったのだけれども、しかし他のメンバーの、それぞれ華のあるパフォーマンスからも、いっさい目が離せず、同時にテンションが、がんがんあがりまくる。中盤に置かれているエイトレンジャーのコーナー(コントのコーナー)の頃には、浮かされた熱に、もはやほとんど意識朦朧の状態である。そうして、全国47都市をめぐる「関ジャニ∞ えっ!ホンマ!? ビックリ!! TOUR 2007」の、東京ドーム公演二日目(8月5日)を、すごくすごく夢中になって観たのであった。なので、細かいところは記憶が曖昧なのだが、とにかく、関ジャニ∞の真髄とでもいうべきものは、しっかり心に刻んだぜ。いやあ、たのしかった。これぞエンターテイメントといえば、なるほど、そのとおりだろう。およそ三時間のあいだ、ヴォーカル・パフォーマンスがもちろんメインでありながら、いたるところに散りばめられたヴァラエティ的な要素も、かなり気が利いている。エイトレンジャーのコーナーも、まあ冷静に見れば、しょぼい三文芝居なんだろうが、個々のメンバーの特色を生かした進行や、ちょっとしたやりとりに、くすくす、とさせられるし、端役で出てたジャニーズJr.の京本大我くんへのツッコミの入れ方とか、アドリブなのかな、そうじゃなかったとしても、大我くんの拙さをカヴァーするかのような、やさしいタイミングが、じつにいい。劇の途中で、ブラックレンジャーこと横山裕くんのマイクが故障するといったハプニングもあったらしいが、見事な連携によってフォローされ、言われるまで気づかなかったぐらい。そういえば、その横山くんのソロ曲の途中で、他のメンバーの寝起きどっきりVTRが流れる趣向も、おかしかった。それを含め、トークを挟んでからの後半戦も、なかなかの充実具合で、Hey!Say!7の露骨なプロモーション(これは4日もあったそう)には、ちょっとまいるよ、といったところだけれども、ハイな気分はずうっとキープされる。とくに印象に残ったのは、錦戸亮くんに促されて「Heavenly Psycho」のフレーズを観客が合唱するくだり、当人も感動のコメントを述べ、数度繰り返させていたが、あれだけの人数(5万5千人、しかも九割九分九輪が女性)が、いっせいに声をそろえる様子には、たしかに胸を打つものがある。それから、大倉忠義くんのドラム・ソロ、これはけっして特別に巧いというものではないけれども、あれだけ叩ければ十分に立派で、途中からベースとギターが加わってのセッションは、意外とロックしており、アグレッシヴな印象を寄越す。それにしても、二度目のアンコールで脱退した(はずの)メンバー内博貴くんが登場したとき、会場中に満ちた喚起と戸惑いはすごく、それだけで超弩級のサプライズが起こったことを知れた。この件に関しては、内くん抜きでここまでがんばってきた関ジャニ∞こそが、現在の関ジャニ∞なのだと認識しているファンもすくなくはないだろうし、背景にはいろいろと複雑な事情が見え隠れするとしても、それまで私服っぽかった内くんに、錦戸くんが自分のツアーTシャツを渡し、着せて、8人が横に並び、締めのコールを決めた瞬間は、ほんとうに良いシーンで、思わず心ときめいた。

 『KJ2 ズッコケ大脱走』について→こちら
posted by もりた | Comment(2) | TrackBack(1) | 音楽(07年)
この記事へのコメント
いやぁ昨日のライヴはすごかったね。さっそく『ズッコケ大作戦』借りてきましたよ(買わないところがケチくさい)。
あと大倉君はチャド・スミスが好きらしいよ。あのレッチリは意外に彼の趣味だったのかもね。
Posted by shooter at 2007年08月07日 01:40
あーチャド・スミスが好きなのか。
そういわれれば、そうなのかなあ。
Posted by もりた at 2007年08月07日 19:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

関ジャニ∞ ズッコケ大脱走のご紹介!
Excerpt: 【送料無料+Bタイプ】関ジャニ∞“KJ2 ズッコケ大脱走”<初回限定盤>2CD(2007/6/6)商品価格:3,500円レビュー平均:5.0[音楽]KJ2 ズッコケ大脱走 (通常盤) :関ジャニ∞[a..
Weblog: 関ジャニ∞ ジャニーズ 最新情報!
Tracked: 2007-08-17 17:00