ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2007年07月11日
 以前にも書いたとおり、序盤の印象はけっこうよかったのだけれども、結果的に、料理マンガの駄目駄目な部分でもってこしらえた料理を食べさせられたような、とても後味の悪い終わり方になったしまったのは、もったいなかった。九十九森が原作を担当し、国広あづさが作画をつとめた『めっちゃキャン』の話なのだが、駄目駄目な部分とは、要するに、マンガのなかに、リアクションと蘊蓄しかなくて、ストーリーがヘボだということであり、それが、ついに極まり、この最終4巻の内容を見るに耐えないものにしている。たとえば、カレーを題材とするエピソードにおける、某人気マンガ(映画かな)の登場人物をもじった敵役とか、パロディとして見るにしても、志が低すぎる(これはおそらく国広の責であろう)うえに、そうして行われる勝負の結着も、味覚とかほとんど関係なし(こちらはたぶん九十九の責ではないか)な。まあ、そもそも魚市場で働く少女が、カレーで勝負をするという時点で、いろいろと間違っているのだが、必然性がないところに説得力を設けなければならない、という大切な一点を蔑ろにしてしまっているせいで、ぜんぶのことが台無しになってしまった。

 1巻について→こちら
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ(07年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック