ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2007年06月24日
 この『極東綺譚』(原案協力・夏十耳)の1巻を読みながら、衣谷遊は、もしかすると藤原カムイみたいな方向へ行きつつあるのかな、と思う。いや、両者とも大塚英志とすくなからず縁があるから、そういうふうに連想した部分もあるが、それだけではなくて、まあ、どこがどうとはうまく言い難いのだけれど、たぶん、その作家性が、マンガの、物語や描写のレベルにではなく、あるいはそれらを含めて提出された一個のデザインのなかに宿っているような、つまり、読ませるといった実感よりも、ページを開いたさいの質感のほうに、作風のおおよそがかかっているのではないか、という意味合いにおいて、である。じっさい、明治期あたりの日本であるらしい世界を舞台とする『極東綺譚』の魅力となっているものを摘み上げ、具体的に解説するのは容易じゃない。見ようによっては、内容はよくわからない、けれども雰囲気がある、の一言に尽きてしまう。〈人でなしの国は 人の世よりも なお住みにくかろう〉。異形の者たちに追われる男は、夏目漱石が『草枕』に書いた言葉を噛みしめながら、密林のなかを疾駆する。武器も通じず、やがて行き詰まり、運河に呑み込まれ、流れ着いたのは、夢か、現実か。目覚めた先が現実であるならば、さっきまでのあれが、夢であったのか。読み手を判断保留の状態にしたまま、人煤花という奇病をめぐり、九鬼と名乗る謎の男と、彼に救われた遊郭の少女暮緒の、不思議な旅がはじまる。そうして謎めかされている設定などは、おそらく、ストーリーが進んでいくうちに、いろいろとわかることも多いのだろうが、何よりもまず、怪談とファンタジーの合間をゆくようにして施されたデザインにこそ、目を引かれる。

 『スチームボーイ』(原作・大友克洋)について→こちら
 『デビルマン黙示録 STRANGE DAYS』(原作・永井豪)について→こちら
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ(07年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック