ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2017年07月24日
 薔薇王の葬列(8)(プリンセス・コミックス)

 実際のところ、菅野文がセクシュアリティの難題にどれほど関心が高いのかは知らない(ストーリーを運ぶための手段として用いられているにすぎないのではないかと思われる場面も少なくはない)のだが、代表作である『オトメン(乙男)』で喜劇的に否定された性差の障壁は、この『薔薇王の葬列』において極めて悲劇的な筋書きを描き出していく。そもそもがウィリアム・シェイクスピアの『ヘンリー六世』と『リチャード三世』を原案に抱き、大胆な解釈を試みたマンガである。歴史の悲劇的なサイドに対する目配りは、過去にも『北走新選組』等のシリーズで見られたものだ。それがここでは中世イングランドの薔薇戦争を題材とし、凄惨さの夥しい、暗澹たる愛憎劇を織り成すに至っている。

 作品は、両性具有に生まれたことに苦しむリチャード(のちのリチャード三世)と純粋であるあまり狂気をも内包したヘンリー六世のラヴ・ロマンスに思われるかのような出会いを主軸にしている。もちろん、史実としてはありえないであろう二人の関係ではあるのだけれど、本来なら憎しみ、殺し合わなければならなかった彼らに、しかし、お互いに救いを求め、愛し合っていたかもしれない可能性を与えることで、正しく愛憎の入り混じった悲劇が繰り広げられる結果となっているのだ。この8巻で、本格的に『ヘンリー六世』の物語は終着を迎え、いよいよ『リチャード三世』にあたる物語が幕を開く。つまりは新展開が訪れたといえよう。それでもなお、ランカスター家の長、ヘンリー六世とヨーク家の三男、リチャードの共鳴と拒絶と葛藤とが『薔薇王の葬列』の真髄であり続けていることは明らかである。

 死ぬことが呪いであるなら、生きることもまた呪いである。こうした逃れようのない呪いのその循環を『薔薇王の葬列』の登場人物たちは皆、知らずのうちに引き受けてしまっている。運命の歯車の一つとして重要な役割を担っていくが、同時に欠けることも許された歯車の一つとして安易に姿を消していく。だが、歯車の一つの欠けた影響が残った歯車の動きに次々と歪みをもたらしていくのでもあった。それが史実だとはいえ、エドワードが命を落としたのは結構ショックだった。ヘンリー六世の息子でありながら、敵対するリチャードに惹かれ、率直に想いを遂げようとした青年の姿には、この影ばかりが濃い作品にあって比較的に明るいものを見出せたからだ。しかし、エドワードも例外ではなく、呪いに囚われた人間としての役割を果たさざるをえない。そして、エドワードの死がリチャードに新たな呪いを注ぎ込んだことを予感させ、時間は飛ぶ。『ヘンリー六世』の終わりのときから『リチャード三世』のはじまりのときへ。

 ああ、栄華を得たはずのヨーク家だったが、退廃に溺れた長兄のエドワードと次兄のジョージの軋轢が増し、壊れた家族像のなかにリチャードは再び地獄巡りの悪夢を重ねるようになるのである。兄弟の子供や若い世代が物語の舞台に昇ってくるけれど、それはあたかも死んでいった人間たちに代わり、呪いを循環させるためなのかもしれない。成長し、以前よりも狡猾さの似合ったふうであるバッキンガムは、いかなる岐路をリチャードに指し示すのか。いずれにせよ、これまでのドラマが十分に残酷であったのと等しく、ここからのドラマが残酷であるのだろうと身構えるしかない。ジェイムズ・ティレルと呼ばれ、手を血に染めた男のまさかの相貌は、これがリチャードとヘンリー六世のあいだに横たわる絶望や愛憎を醍醐味とした悲劇であったことをまざまざと思い出させる。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック