ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2007年06月13日
 前シングル「僕らの街で」が、あまりにもソング・ライティングをつとめた小田和正色の強すぎる楽曲だったため、本来は、5人編成になったグループの今後を占うという意味合いの大きくなるはずであった4枚目となるニュー・シングル「喜びの歌」だが、周知のとおり、赤西くんが復帰し、結果的に、6人編成に戻っての再出発を飾るという、べつの意味での責務を負うこととなってしまった。このような経緯が関係しているのかどうかは不明だが、どうもいまひとつ方向性の定まっていないような、そういう印象を受けとる。いや正直、ファースト・アルバム『Best of KAT-TUN』に収録されている「WILDS OF MY HEART」で作曲を担当したzero-rockを再び起用して出来上がったのは、良質なギター・ロックであり(ちなみに今月8日の『ミュージック・ステーション』に出演したさいには、ジャニーズJr.のバンド・ユニットQuestion?がバックで演奏していた)、そうして〈愛してる〉というシンプルなフレーズを繰り返しつつ、アップ・テンポなノリを貫く様子は、コンサートで盛り上がること間違いなし、といったところなのだけれども、それ以上の、つまりはファン以外の層に向けての訴求力が、ちょっと弱いかも、と思わされる。JOKER(田中くん)のラップは、タイアップしているテレビ・ドラマの内容を意識しつつ、これまでのシングル名を押韻のなかに組み込む、といった趣向のせいか、ここ一番のパンチに欠けるし、中盤の〈止まらねぇ!!〉という叫び声も、やや効果を逸している。とはいえ、多少ファンの贔屓目なのかもしれないが、セカンド・アルバム『Cartoon KAT-TUN II You』(通常盤)のラスト・ナンバーに「YOU」ってあるじゃん、あれの〈あなたのために生きていいかな / あなたを好きになっていいかな〉という歌詞と、(作詞者は違うのだけれど)ここでの〈愛してる〉や〈生きてる ただそれだけで 君と走って行こう〉という歌詞の対照に、なんだか、胸が熱くなる。

 『Cartoon KAT-TUN II You』について→こちら
 『Live of KAT-TUN “Real Face”』DVDについて→こちら
 『REAL FACE』について→こちら
posted by もりた | Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽(07年)
この記事へのコメント
喜びの歌、いい曲ですよね!ちょっと電車オタなところも。
Posted by モテ力診断 at 2007年06月14日 16:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/44721424