ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2007年06月13日
 すでにシングルとして発表されており、ここにも収録されている「∞SAKAおばちゃんROCK」(ただしヴァージョン違い)や「関風ファイティング」、「ズッコケ男道」の3曲に顕著なとおり、関ジャニ∞(エイト)のセカンド・フル・アルバム『KJ2 ズッコケ大脱走』は、ファンクの要素が以前にも増し、明るく元気な曲調のものが多く、初期のころの売りでもあった、テイチク的というか演歌調というかムード歌謡ふうのナンバーは、4曲目の「二人の涙雨」のみに止まる、かな。そのため、いま現在グループが上り調子であることをダイレクトに反映するかのような、押せ押せムードの内容となった。シングル曲のほかにも、ハードなギターのリフが大きく響く5曲目「強情にGO!」や、リズムの切れのよさとユーモラスな歌詞にメンバー各人の個性が引き出された8曲目「地元の王様」など、かなり盛り上がれる箇所が多い。その「地元の王様」から「ズッコケ男道」へ、そして「エネルギー」「旅の涯には」「ありがとう」と、ラスト13曲目「関風ファイティング」まで、いっさいテンションを落とすこともなしに、次々と繋げてゆく勢いには、思わず驚いてしまったほどである。いやほんとうに、予想以上で期待以上な出来に嬉しくなる、と、それはけして大袈裟ではない。また、初回限定盤(A)についているDVD「ズッコケお宝パニック!」の、無駄に凝ったショート・コントぶりは、ずるい。安田くんの自己紹介、狩人のところで、ふつうに笑ってしまった。
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(07年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック