ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2016年12月28日
 a2976251892_10.jpg

 この何年かでブラッケンドと修辞されるような(あるいは自らが修辞するような)ブラック・メタルを参照項の1つに置いているのかもしれないダークで木目の細かいサウンドのハードコア・バンドが多く出てきているが、フランスのリール出身、LOVE SEX MACHINEが標榜しているのは、ブラッケンド・ドゥーム、ブラッケンド・スラッジということである。音の触感は、メタリックであり、モダンであって、スローなテンポを基本にしているけれど、真性のドゥーム・メタルやスラッジ・メタルに比べ、攻撃的なダイナミズムが前に出ているあたりが特徴といえるだろう。少なくともファースト・アルバムの『LOVE SEX MACHINE』(2012年)は、ドゥーム・メタルやスラッジ・メタルへの変形が進んだハードコアと判断できなくはないものであった。そうした方向性を汲みつつ、ドローン(持続低音)とノイズとを更に強調していった作品が、セカンド・アルバムの『ASEXUAL ANGER』となっている。ヒステリックな叫びにも似たヴォーカルは強烈だし、アタックの強いリズムには即効性のインパクトがある。しかし、それらと同一のリフを繰り返しながらヘヴィに歪まされていくギターやベースとが、泥沼みたいにずっしり、濃度の高いサウンドを作り出しているのだ。2曲目のタイトルである「DRONE SYNDROME」は、ある種の所信表明にも思われる。うっすらとしたメロディが轟音のなかに浮かび上がる3曲目の「BLACK MOUNTAIN」や4曲目の「AUJESZKY」などには、シューゲイザー(正確にはシューゲイザー・スタイルのブラック・メタルかもしれない)からの影響が現れているのではないか。ラスト・ナンバーにあたる8曲目の「SILENT DUCK」が、最もドゥーム・メタルのマナーに忠実な印象である。実際には様々なアイディアが引っ張られてきている作品だが、なるほど、これがブラッケンド・ドゥームかあ、ブラッケンド・スラッジなんだな、と頷かされるレベルで焦点は定まっている。

 オフィシャルbandcamp→こちら
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(2016年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック