ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2016年10月28日
 WHILE THEY WERE SLEEPI

 ぬおお、あのCANDIRIAが帰ってきたぞおおお、という快哉を叫ぶには、いくらか物足りなさを含むものになってしまったかな、正直なところ、である。米ニューヨーク州ブルックリン出身のCANDIRIAといえば、やはり、日本デビューを飾り、初来日公演とも重なった通算4作目のフル・アルバム『300 PERCENT DENSITY』(2001年)におけるあのインパクトであろう。ハードコア、ヒップホップ、ジャズ、プログレ等々、あらゆるイディオムを1曲のなかに横溢させたサウンドには、まるでBODY COUNTとKING KRIMSONとが正面衝突したかのようなスリルがあった。黒人のヴォーカルによるストロング・スタイルなラップやスクリームも特徴的だったが、変拍子の目まぐるしいリズムをアグレッシヴに叩きつけてくる楽器隊の技量も非常に際立っていた。続く『WHAT DOESN'T KILL YOU... 』(2004年)では、広い意味でのラップ・メタルに近づき、『KISS THE LIE』(2009年)については、メロディとアンビエンスをかなり増し、つまりは次第にアヴァンギャルドなアプローチは低まっていった。その『KISS THE LIE』以来、約7年ぶりの作品となるのが『WHILE THEY WERE SLEEPING』なのだ。しかし、これが良くも悪くも、現代版のヘヴィ・ロックを高水準でどうぞ、といった印象になっている。2曲目の「MEREYA」や3曲目の「WANDERING LIGHT」の中盤、ジャジーなヒップホップが飛び出してくるあたりに、ああ、CANDIRIAだな、と思わされるのだけれど、楽曲それ自体の方向性は、スクリームとクリーン・ヴォイスのコンビネーションに支配されており、凝ったリズムを重ね、うねりを出していくアンサンブルは、確かに見事な反面、ジェント(Djent)と呼ばれるような複雑な演奏のスタイルが定着した今日、目を引くほどの異色は薄まっている。エクストリームであるか否かの観点で判断するなら、どうしたって物足りなさが含まれるのである。だが、現代版のヘヴィ・ロックのマナーにジャストフィットした作品として見るとき、極めて高水準であることは既に述べたとおり。アルバム全体に何らかのコンセプトが課せられているらしいが、総じてカオティック・ハードコアの過激さであるよりもプログレ・メタルの機能美をうかがわせる。『300 PERCENT DENSITY』を経、『WHAT DOESN'T KILL YOU... 』にもたらされた変化は、2001年9月のアメリカ同時多発テロ事件や2002年9月のツアー中に起こった自動車事故に関連があるとされている。バンドのキャリアをある段階で区切るとするのであれば、おそらく、それ以前と以後とになるのかもしれない。繰り返しになるが、『WHILE THEY WERE SLEEPING』に、あの『300 PERCENT DENSITY』やサード・アルバム『THE PROCESS OF SELF DEVELOPMENT』(1999年)のインパクトを求めることは難しい。とはいえ、そこから離れていった先のキャリアを総括するのに相応しい完成度のアルバムとなった。

 バンドのオフィシャルFacebook→こちら
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(2016年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック