ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2016年09月27日
 Shape You Took Before the Ache

 確かに、セカンド・アルバムの『PALE LIGHT』(2014年)にも耽美的なメロディが屹立し、はっとさせられるような場面はあった。が、それはあくまでもアクセントのレベルに止まっていたように思う。しかし、どうだ。カオティックでもあり、エネルギッシュでもあり、ゴリゴリとしたハードコアを横溢させていたファースト・アルバムの『BREACH FALSE MINDS』(2012年)をバンドの素としてイメージしていると、一気にDEFTONES化が進んだな、といった驚きを受けてしまう。カナダはオンタリオ州キッチナー出身の4人組、EXALTのサード・アルバムが『THE SHAPE YOU TOOK BEFORE THE ACHE』(2016年)である。

 DEFTONES化と述べたけれど、それは耽美的なメロディやアンビエンスが強く出てきたということであって、アグレッシヴなアプローチのみによって指示されるのとは異なったエモーションが色濃くなったということでもある。ストロング・スタイルの演奏をキープしたまま、新しい文法を得、以前にも増してサウンドに奥行きが生まれている。再び他のバンドを引き合いに出すなら、CONVERGEとNEUROSISとDEFTONESをトライアングルにし、それらを中心から参照していったかのような奥行きである。これを是とはしない向きもあろう。だが、EXALTは明らかに次の段階に達した。飛躍を感じられる。

 不穏なノイズとヘヴィなグルーヴとが息苦しい1曲目の「SACRIFICE TO PURIFY」やリズムにスラッジを思わせる圧がかかった6曲目の「LEAVE THEM ALL BEHIND」、どうしたってDEFTONES風と喩えたくなるギターやコーラスが聴こえる7曲目の「WORSHIP」などに顕著な通り、ミドルやスローのテンポに、アルバムのカラーは左右されている。他方、SLAYERの「RAINING BLOOD」を彷彿とさせるフレーズが唐突に飛び出てくる2曲目の「UNDERTOW」や続く3曲目の「MARTYR ALONE」などの疾走するナンバーにおいては、アングリーであるようなテンションがパワフルに放たれていく。

 アコースティックな小品である5曲目の「ACHE」やレクイエムにも似た9曲目の「SHAPE」におけるパセティックな響きは、もちろん、楽曲のタイトルとアルバムのタイトルとが符合しているように『THE SHAPE YOU TOOK BEFORE THE ACHE』へとコンセプチュアルな印象を与えるものである。そして、ラスト・ナンバーにあたる11曲目の「I DOVE INTO THE SUN」には、アルバムの全景が集約されているみたいだ。アップとダウンとが激しいダイナミズムのなか、ヴォーカルは、ときに叫び、ときに囁き、情念を経由することでしか見られない世界をたゆたう。

 バンドのオフィシャル・サイト→こちら
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(2016年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/442296483