ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2016年07月11日
 HiGH&LOW~THE STORY OF S.W.O.R.D.~ 1 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) HiGH&LOW~THE STORY OF S.W.O.R.D.~ 2 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ)

 二度のテレビ・ドラマ版を経、劇場版の公開も迫り、様々な雑誌で特集が組まれ続けている『HiGH&LOW〜THE STORY OF S.W.O.R.D.〜』だが、いまだに全貌は掴めないでいる。といっても、深遠なテーマや複雑な謎を含んでいるのではない。そうではなくて、巨大なプロジェクトのわりに設定は入り組んでおらず、話の筋は一本道であるため、ここまでのスケールをかけた企画そのものが何を求め、どこに向かっているのか、よくわからねえぜ、なのである。ただし、スペクタクルを基準として燃えるか燃えないかの判断をするなら、燃えるところもある。ともあれ、ここではコミカライズ、細川雅巳の手掛けているマンガ版について言及しておきたい。

 現在、ヤンキー・マンガの主流は、芸能人等の自伝をベースにしたものや往年のヒット作の続編によって占められている。が、そこにもう一つの流れを加えることもできる。架空の都市を舞台とし、リアリズムを度外視したアトラクションを繰り広げるタイプの作品であって、『熱風・虹丸組』(桑原真也)や『蟻の王』(塚脇永久・伊藤龍)、そして、この『HiGH & LOW』などが例に挙げられる。『セブン★スター』(柳内大樹)や『元ヤン』(山本隆一郎)もこれに近いけれど、あくまでもフィクションであるはずの世界が実在の都市やリアリズムを根拠にしながら作られている点で、やや方向性が異なる。おそらく、それらに共通しているのは、必ずしも不良少年と呼ぶべきティーンエイジャーの存在に主題があるわけではないことであろう。反面、裏社会やヤクザを直接的に描いてみせるアウトローものとも違う。学生もいれば、学生ではない者もいる。未成年もいれば、成人した者もいる。それらが本業はあたかもモラトリアムであるという主張を暴力や抗争に変換していくかのような現れ方をしている。半グレやギャングである以上にエクストリームなヤンキーのイメージを踏襲しているのだ。

 伝説のチーム、ムゲンの解散後、五つの組織が割拠したそこは、各々の組織の頭文字から取って「SWORD AREA」と呼ばれた。山王連合会(S)White Rascals(W)鬼邪高校(O)RUDE BOYS(R)達磨一家(D)のSWORDである。各々の組織に属し、「G-SWORD」と名付けられたギャングたちは、互いを牽制しつつ、派手な争乱に発展しないだけの均衡を保っていた。しかし、それは何かがあったなら、たちまち壊れてしまう。非常にあやういバランスの上に成り立つ均衡でもあった。果たして次から次へと起こっていくトラブルの数々は、「SWORD AREA」での平穏が常に暴力と隣り合わせであることを「G-SWORD」の面々に実感させざるをえない。

 おおよそのところは、テレビ・ドラマ版に忠実なコミカライズとなっており、山王連合会のトップであるコブラと親友のヤマトを中心にストーリーは進められている。ことによったら、戦国武将を現代の若者に置き換えた軍記もののヴァリエーションとして見ることは可能であろう。だが、「G-SWORD」の対立には、数世代に渡るような因縁もなく、いざ決戦だの場面には、裏をかくような工夫もない。結局は、仲間を敵には売れない式のプロットであったり、ドラッグを売りさばく汚い連中をやっつけろ式のプロットが羅列されるにとどまっている。とりあえず、この1巻と2巻では、山王連合会、White Rascals、鬼邪高校、RUDE BOYSの四つの組織と「SWORD AREA」を傘下に収めんとするヤクザの家村会がイントロデュースされているにすぎず、達磨一家を含めた作品の世界像に本格的な変動が生じるのは、これからなのかな、と思わせる。

・その他細川雅巳に関する文章
 『シュガーレス』
  18巻について→こちら
  1巻について→こちら
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/439934911