ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2016年06月29日
 頂き!成り上がり飯(1)【特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)

 近年、グルメ・マンガのジャンルは大きなムーヴメントだが、物語と呼ぶのに相応しい時間の縦軸をきちんと機能させている作品は少なく、結局のところ、「クックパッド」的なレシピや「ぐるなび」的なガイド、登場人物のリアクションとを土台にした安易な作りのものがほとんどであって、テレビの情報番組やヴァラエティ番組と一緒じゃん、という感想を脱していない点で、方法論としては頭打ちなところがある。他方、ヤンキー・マンガの現状を見てみるなら、著名人の自伝をベースにした作品や往年のヒット作の続編が大部分を占めるようになってしまっており、こちらも方法論としては頭打ちなところである。

 さて、さしあたり、そのグルメ・マンガとヤンキー・マンガの二つの領域をミックスしてみたのが、奥嶋ひろまさの『頂き!成り上がり飯』であろう。料理を題材にしているけれど、「クックパッド」的なレシピや「ぐるなび」的なガイドと隣接しておらず、芸能人のレポーターさながら登場人物のリアクションが重視されている。安易な作りといえば、その通りではある。しかし、不良少年の学園生活をいかに描くか、を目的とした作品のなかで、それがあくまでも主人公の持ち味を際立たせるための手段となっていることが、『頂き!成り上がり飯』の特徴を担っているのである。

 奥嶋のキャリアを振り返るとき、その作品のおおよそは、元々特別なオンリー・ワンではない人間が、ナンバーワンを目指し、それでもナンバー・ワンにはなれないでいるジレンマを、トラジック・コメディに近い手つきで描き出していることがわかる。『頂き!成り上がり飯』も同様であろう。地域の不良が集まっていることで知られる玉森高校に入学した主人公(ケニー)が、モブやエキストラのように学園生活を過ごしたくないと思い、ケンカでトップに立とうとするのだが、実際には三年生のボス(メリケン)に敵わず、地面に這いつくばるしかないのであった。ここから主人公が、どう這い上がっていくのか。過程の意味で「どう」にあたる部分が、つまりは物語を兼ね、手段の意味で「どう」にあたる部分に、つまりはグルメ・マンガのイディオムを借用しているのだ。

 料理に自信のある主人公は、三年生のボスに弁当を褒められたことから、料理の腕前で全校生徒に認められようとするのである。グルメ・マンガのイディオムを借用していることが、殴り合いの多いマンガなのに肩の力の抜けた作風へと繋がってもいる。プロットのレベルでは、以前の作品である『アキラNo.2』に似ているものがある。おそらくは(先に述べたように)元々特別なオンリー・ワンではない人間が、ナンバーワンを目指し、それでもナンバー・ワンにはなれないでいるジレンマを、テーマの一つとして踏襲していることに起因している。

・その他奥嶋ひろまさに関する文章
 『ばぶれもん』1巻について→こちら
 『ランチキ』
  9巻について→こちら
  8巻について→こちら
  4巻について→こちら
  3巻について→こちら
  2巻について→こちら
  1巻について→こちら
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/439526285