ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2016年03月22日
 暁の暴君 1 (少年サンデーコミックス)

 1月31日にNHK-BS1で放送された「ぼくらはマンガで強くなった」の小林まことの回でも指摘されていたように、柔道マンガが『柔道一直線』における格闘マンガの延長線上ではなく、スポーツ・マンガの枠内で扱われるようになった(扱われることが主となってきた)のは、浦沢直樹の『YAWARA!』や小林まことの『柔道部物語』が描かれた80年代の頃だろう。重なった時期、河合克敏の『帯をギュッとね!』というヒット作もあったけれど、以後、柔道マンガの本流はスポーツ・マンガとしてのそれであると認識されるのが一般的になったのではないかと思う。

 さて、伊織の『暁の暴君(タイラント)』の1巻である。たとえば、同じく『週刊少年サンデー』に連載されていた『帯をギュッとね!』と比べたとき、『暁の暴君』は、スポーツ・マンガというよりは格闘マンガの路線に近いと感じられる。スポーツ・マンガとしての柔道マンガとは、おそらく、オリンピックや実在の大会に挑むことに作品のフレームを合わせたようなマンガだと簡略しても構わない。しかし、『暁の暴君』の場合、作中の人物や団体のフィクション性が極めて高い。それは、とある組織のトップが日本の柔道界を牛耳り、私物化しているという設定に顕著だといえる。

 一方、柔道は、格闘技であるべきなのか。スポーツであるべきなのか。果たし合いであるべきなのか。エンターテイメントであるべきなのか。これらの問いを作品そのものが内包しているのであって、各々のテーマを複数の登場人物に分け与え、試合の形式において互いに競わせることで物語は動かされていくのである。天才型の主人公がヒールのように振る舞っている点は必ずしもトリッキーではないけれど、はったりとして生きているし、1話目の段階で主人公の目的と敵対関係とをきちんとプレゼンテーションできているのも、掴みとして不足がない。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/435448459