ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2016年01月27日
 熱風・虹丸組  6巻 (コミック(YKコミックス))

 このマンガは一体何なのだ、と思わざるをえない。もはや90年や00年代におけるヤンキー・マンガの文法を逸脱しており、比較すべきは、不良少年をベースにしながらもリアリティを度外視していった70年代の『男組』や80年代の『熱笑!! 花沢高校』、『ヤンキー烈風隊』あるいは車田正美や宮下あきらなのではないか、という気がする。しかし、それが単なる時代錯誤ではなく、大変魅力的なアトラクションになっていることに驚きを覚えるのだった。桑原真也による『熱風・虹丸組』の6巻である。

 所謂ヤンキー・マンガの現状についていうなら、自伝的な見栄っ張りと神話的な権力闘争の二種が大きな潮流となっている。たとえば、山本隆一郎の『元ヤン』や高橋伸輔(原作・藤沢とおる)の『SHONANセブン』、伊藤龍(原作・塚脇永久)の『蟻の王』などを後者に区分することができる。伝説と同義であるようなレガシーを巡って、不良少年がバトルに没入していく式の構図が共通しているのである。井口達也のシリーズに代表されるような前者は、00年代からのトレンドでもある。そして、2010年代になり、後者の方向性を活気づける端緒となったのは、おそらく、この『熱風・虹丸組』であろう。

 フェイクなヒストリーを題材にしているという意味では、前者も後者も同様だが、物語の派手さやスケールのでかさを見るのであれば、やはり、神話的な権力闘争を描いている作品の方に分がありますね、ではある。いやはや、実際、『熱風・虹丸組』における壮絶なバトル、バトル、バトルを前に、リアリティがねえよ的な批判を述べることは正しいのだけれど、それを無粋だとし、ねじ伏せてしまうほどの勢い、振り切れたスウィングを感じられるのだ。大体、クライマックスで命を落としたはずの登場人物が別のクライマックスに颯爽と現れる。あのパターンを、ここまで堂々とやってのけているマンガが、今、どれだけあるというのか。

 必殺技の応酬と主人公のサイドの登場人物の死とが、ひたすら繰り返される。6巻は、これまで以上にバトルとポエムを満載にしており、遠からずマンネリズムに陥るかもしれないことを伺わせもするのだったが、しかし、一個の目的に突き進んできた物語とカリスマを持った登場人物のラインナップとが、必要十分に達することで、ジャストに噛み合ったカタルシスを同時に成立させている。最大のライヴァルが味方につき、より凶悪なライヴァルに挑まなければならない、という強さのインフレーションは既にはじまっているものの、ギリギリのラインで物語上の必然を持たせられているのだ。

 なぜ、この登場人物が、こう動くのか。いかなる作品であれ、それは積み重なったプロセスに暗示されている。『熱風・虹丸組』とは、ポジティヴ馬鹿である虹川潤が他の不良少年を感化していくプロセスにほかならない。なぜ、狗神塔馬も美剣號も卯月倫人も咲崎翼も四騎森槐も、さっさと身を引いてしまえば無事で済むような場面に、生き様を賭けてしまうのか。その理由は、ばしっと決まった見開きのカットと辞世の句とも取れるポエジーに、くどいぐらいアピールされている。問いは必要ではない。
 
 5巻について→こちら
 2巻について→こちら
 1巻について→こちら

・その他桑原真也に関する文章
 『疾風・虹丸組』第1巻について→こちら
 『姫剣』
  2巻について→こちら
  1巻について→こちら
 『ラセンバナ 螺旋花』(設定協力・半村良『妖星伝』)
  3巻について→こちら
  2巻について→こちら
  1巻について→こちら
 『[R-16]』(原作・佐木飛朗斗)12巻について→こちら
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック