ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2015年04月22日
 Disquiet [12 inch Analog]

 希望はある。絶望もある。そして、常に絶望を意識し続けることでしか把握できない希望だってありさえするのだ。この世界と自分の運命とに対する呪詛を飛び跳ねるほどに小気味の良いテンポとポップなメロディへ逆転させるというTHERAPY?ならではの奥義を発揮した10曲目の「TORMENT SORROW MISERY STRIFE」は、希望と絶望が必ずしも二律背反の関係に対置されるわけではないことを告げているみたいである。ああ、「苦痛、悲嘆、不幸、闘争」とは、なんと救いのないタイトルか。しかし、その救いのなさがひたすらキャッチーに響き渡るんだから、ちょっとぎょっとするよな。これぞ正しくTHERAPY?の面目躍如であろう。

 一般的な代表作にあたる94年の『TROUBLEGUM』と95年の『INFERNAL LOVE』が相次いで二十周年を迎えたことは予兆であったのか。12枚目のフル・アルバム(『NURSE』以前のミニ・アルバムを含めれば14枚目)となる『DISQUIET』には、その頃の作風を彷彿とさせるものがある。つまり、シンプルなリフとコンパクトな展開、親しみやすいメロディを前面に出したスタイルを取り戻してきているのだ。もちろん、アンディ・ケアンズの可愛げのないヴォーカルはネガティヴなモチーフに十分な説得力を与えているし、一癖あるニール・クーパーのドラムが独特なパターンのリズムを楽曲にもたらしているのは相変わらずである。

 1曲目である「STILL HURTS」の出だしが、『TROUBLEGUM』の冒頭を飾った「KNIVES」を彷彿とさせる点を含め、ある種の回帰なのかもしれない。後退と見る向きもあるだろうか。だが、ここ数作のなかで最もはじけ、勢いに優れていることだけは間違いない。〈Help Me. I'm Stuck〉というあまりにもあんまりな呟きによって開かれた地獄をダイナミックに駆け抜けていく「STILL HURTS」や、疾走感をフルにした2曲目の「TIDES」は起爆剤だ。テンポをスローに落とした3曲目の「GOOD NEWS IS NO NEWS」からは、『INFERNAL LOVE』に収録されていた「MISERY」と(THERAPY?と同じアイルランドの出身である)U2の「ONE」をミックスしたかのようなメロディが聴こえてくる。

 8曲目の「VULGAR DISPLAY OF POWDER」は、タイトルがPANTERAの『VULGAR DISPLAY OF POWER』をイメージさせるけれど、事実、ヘヴィなリフに特徴のあるナンバーとなっている。スローでいてずっしりとしたグルーヴの11曲目の「DEATHSTIMATE」は、ともすればパセティックな響きのバラードでもあろう。アルバムを締めくくるのに相応しい。しかし、やはり必殺のナンバーを選ぶなら10曲目の「TORMENT SORROW MISERY STRIFE」である。〈Torment, Sorrow, Misery, Strife. Screaming All The Way To The Dying Of The Light〉そう、どこまでも暗い呪縛を歌っているはずなのに、不思議と生きることを諦めさせない励ましを与えてくれる。

 『CROOKED TIMBER』について→こちら
 『MUSIC THROUGH A CHEAP TRANSISTOR THE BBC SESSIONS』について→こちら
 『ONE CURE FITS ALL』について→こちら
 『NEVER APOLOGISE NEVER EXPLAIN』について→こちら

 バンドのオフィシャル・サイト→こちら
posted by もりた | Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽(2015年)
この記事へのコメント
拝読させていただきました。
情報が少ない中、貴重なレビューです。
セラピーは初期3枚以降離れてましたが、このアルバムはグッと来ますね。
自分は英語わからないので歌詞の意味を少しでも解れてよかったです。
もし、お手数でなければ日本語訳をやっていただければうれしいです。
でも、誰も求めてないですよね…
Posted by たかし at 2016年08月23日 10:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック