ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2007年05月07日
 コップとコッペパンとペン

 福永信の過去作である『アクロバット前夜』を以前読んだとき、正直なところ何が書かれているのかよくわからなかったぜ、と感じられたのは、もしかしたら(まさしく物理的な意味で)文章が右側に向かってまっすぐに伸びていくつくりのせいだったりするんだろうか、と思ったものだったが、そういう表向きの在り方に限っていえば、今回はあんがい普通の小説として読めそうな『コップとコッペパンとパン』に関しても、結局の話、いや、ごめん、やっぱり何が書かれているのかよくわかんねえや、以外にはっきりとしたことは思いつかないのだけれども、しかし、だからといって、読んで損した、って言いたいわけじゃない。たとえば、読んで損した、とかいった場合の、損とは、ふつう、時間を無駄にした、というような意味だと思う。すなわち、読んで得をするケースとは、逆に、そうした最中の時間を有意義に過ごせた、との感想を含有する、つまり、ひとときを濃くする、わけだ。あるいは、読んでいるあいだ心地良い時間が流れた、などの紋切り型で表されるに違いない、あれである。とはいえ、この『コップとコッペパンとパン』に収められた四篇からもたらされるのは、そういったことでもない。むしろ損もしなければ得もしない。できるだけ読み手に対する干渉をセーヴしつつ、しかし退屈に陥らせない、ひじょうに手つきのこらされた小説が並んでいる。このことはまた、書かれた内容とも、おそらくどこかで、密接に繋がっている。『アクロバット前夜』もそうだったが、あるときは作中に置かれた手紙の存在に目がいくように、一方的な伝聞への、リフレクションが、べつの向きへの、一方的な伝聞となる、そうして情報が拡散されていく道程を、ワン・センテンスとワン・センテンスの連続から、ふと脈絡が消える瞬間の、その残像によって刻んでいった挙げ句、そもそもの起こりが忘却されてしまう。じっさい、「座長と道化の登場」以外の三篇から文末だけを、要するに、表題作の「コップとコッペパンとパン」ならば〈つまり、ここにいる誰にも判断できなかった〉と、「人情の帯」ならば〈聞き取った者は、一人としていなかった〉と、「2」ならば〈やはり、そのときも、何も考えていなかった〉といった具合に抜き出してみると、そこにはなにか共通するニュアンスが掴まれていることに気づくだろう。ひょっとすると、登場人物の発する感情や物語におけるダイナミクスというのではなくて、そうしたラストのセンテンスを述べるまでに、言葉それ自体が積み重ねてきた距離そのものが、各々の作品を一個の小説たらしめているのかもしれなかった。


posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(1) | 読書(07年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

『コップとコッペパンとペン』福永信 を読んで
Excerpt: コップとコッペパンとペン (河出書房新社)福永 信 内容紹介 一行先も予測できない! 母から娘へ――娘から息子へ…… 赤い糸がつなぐ現代家族の非人情物語を描いた表題作を含む、短篇3本に書き下ろしを加え..
Weblog: そういうのがいいな、わたしは。(読書日記)
Tracked: 2007-11-18 01:04
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。