ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2014年10月25日
 An Overture

 YOUTH CODE、かっこいいじゃんね、と思う。米カリフォルニア州ロスアンゼルス出身の男女2人組のユニットである。2013年にセルフ・タイトルのファースト・フル・アルバムをリリースしたのちも、次々に細かく音源を発表し続けていて、この『AN OVERTURE』は、それらの音源を一括した作品となる。

 実は、はじめて『YOUTH CODE』を聴いたとき(ユニットの編成や出身地などから)てっきりDEATH GRIPSのようにエクスペリメンタルなヒップホップなのかな、とアタリをつけていたのだけれど、いやいや、オールドスクールなインダストリアルあるいはエレクトリック・ボディ・ミュージックの方向にフル・スウィングしたサウンドだったので、つい仰け反ってしまったのだが、もちろん、それが悪いというわけではないし、無機質なビートとアグレッシヴなヴォーカルの非常に魅力的なマッチングに、ちょっと時代錯誤じゃないか、という戸惑いは、段々と薄れていったのだった。

 SKINNY PUPPYやFRONT LINE ASSEMBLY、はたまた初期のMINISTRYや初期のNINE INCH NAILSまでをも彷彿とさせるリズムの打ち込みは、EDMの今どきな派手さに比べたら、ちょっと若くはないかもしれない。しかし、そこからはトレンドとは異なったレベルの美意識が確かに感じられる。反面、煽っていくタイプのスクリームが強烈なフックの役割を果たしているのである。

 女性がハードコア・パンクやデス・メタルのヴォーカルを担当しようともう珍しくはなくなって久しいが、こうした(90年代の前半には雨後のタケノコのようにわんさかいたよね、という)スタイルのサウンドにそれが乗ると結構なインパクトがある。男性がヴォーカルのナンバーもあるけれど、やはり、女性のヴォーカルか男女がツインのヴォーカルの方にYOUTH CODEならではの特徴が出ている。

 3曲目の「FOR I AM CURSED」が私的なベストである。冒頭の4曲は、リミックス・ヴァージョンなどを収録した『A PLACE TO STAND』とまったく一緒の内容になっているのだったが、『A PLACE TO STAND』と同じく、「FOR I AM CURSED」が最もぐっとくるし、キャッチーなんじゃないかな、と思う。クライマックスの作り方とコーラスのパートに、どことなくNINE INCH NAILSの「HEAD LIKE A HOLE」を感じさせるところがある。が、ダークでメランコリックなキーボードの旋律が、ニュー・ウェーヴやゴシックからの影響を声高に主張していて、それに吐き捨てるような勢いのヴォーカルが絶妙に合わさっていく。

 クールなヴァイブレーションとハイなエネルギーとが同居している。

 バンドのBandcamp→こちら
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(2014年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/407736396