ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2014年08月29日
 熱風・虹丸組 (2) (ヤングキングコミックス)

 四騎守槐、熱いじゃねえか。もしも読者人気投票があったら絶対上位に入ってくるね。いや、少なくとも自分は一票を投じよう。ぬおお、その生き様が燃えるぜ、ってやつだ。以前にも述べた通り、この『熱風・翔丸組』で完全に独自の路線を進みはじめた桑原真也に求めるものとは、つまり、こういうバトルとロマンの徹底化にほかならない。確かにリアリティからは程遠い。そこにどれだけの今日性を見られるかはさておき、不良マンガというのは大体、70年代の段階で既に古くさくなってしまった男のロマンを目一杯に押し出したものであったろう。そのロマンは80年代、90年代と時代をくだるにつれて、さらに古び、薄まっていったわけだけれど、それをこの2010年代に、である。バトルの形式で桑原は隔世遺伝的に再起動させている。

 カリスマの残した伝説や遺産をめぐり、強敵にぶつかる。強敵と共同戦線を結び、さらなる強敵と渡り合う。団体戦なら当然、5人対5人の正面対決だ。表徴してくるのは男の意地である。これである。これ以外に言うべき必要が何もない。大ゴマと見開きのページによるダイナミズムが、細かいことは抜きだと主張している。登場人物たちのプロフィールにしたところで、たとえそれが不幸なものであったとしても、後ろ向きのテーマに縛られはしない。対人戦争(タイマンウォーズ)の第2戦、ノスフェラトゥの次鋒である「ブチ抜き獅海」と闘った狗神塔馬の言葉を借りるなら、〈たった一度の敗北も受け止められねェテメェは 小っちェただの子供(ガキ)だ / 死ぬ程 口惜しい屈辱と真ッ正面から闘うのが 男だろ〉であって、男の生き様、男のロマンとは、過去や挫折を踏み越えるなかで果たされる成熟と同義であることを雄弁にしていくのであった。

 ああ、そして、関東最大のチーム、ノスフェラトゥを仕切り、主人公である虹川潤率いる虹丸組とナラシナ市に抗争を挑んできた荒吐篤郎及び荒吐兄弟は、もしかすると不幸に囚われた者であるがゆえに強敵として立ちはだかる。この2巻で篤郎の弟、荒吐数麒が語る呪われし「荒吐家」の血、それが地獄に喩えられることでノスフェラトゥの凄みは増していく。しかし、自分の家族の血から決して自由ではないということであれば、四騎守槐も例外ではない。だが、槐においては今は亡き兄の影が彼を窮地で奮い立たせる。対人戦争の第3戦は槐と数麒とで、ある種の対照となっているのである。もちろん、塔馬と獅海の第2戦も、敗北をよく知る人間同士の勝負という意味での対照を為していたことを忘れてはならない。どっちが勝つか。勝ったか。ひいてはそれが虹川潤と荒吐篤郎の対照と影響とを明らかにするのだろう。

 作中では幾度となく「命懸け」と繰り返される。登場人物たちの脳裏をよぎる。何に対して、何のために命を懸けなければならないのか。まあ、命懸けなんてのはちょっとポップじゃねえですよ。でも、あの狂犬のごときヒールっぷりがウリであった四騎守槐の不屈であることを体現した姿には名状しがたいものがある。リアリティを度外視した『熱風・翔丸組』のバトルとロマンとが導き出した一つの解なのだと思う。ぬおお、その生き様が燃えるぜ、ってやつである。ところで2巻のラストのヒキ、このヒキのコマはさすがにオールドスクールすぎる。まさか構成がヘタクソだったり手抜きではあるまい。が、そこまでを含めて(あるいは扉絵のポエムなどを見る限り)桑原はヤンキー以前であるような不良マンガのバック・トゥ・ベーシックスを狙っているのだということにしておきたい。
 
 1巻について→こちら

・その他桑原真也に関する文章
 『疾風・虹丸組』第1巻について→こちら
 『姫剣』
  2巻について→こちら
  1巻について→こちら
 『ラセンバナ 螺旋花』(設定協力・半村良『妖星伝』)
  3巻について→こちら
  2巻について→こちら
  1巻について→こちら
 『[R-16]』(原作・佐木飛朗斗)12巻について→こちら
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック