ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2014年07月29日
 うぬぼれハーツクライ 1 (マーガレットコミックス)

 香魚子に関しては、『もう卵は殺さない』が(実験的とまではいわなくとも)トリッキーな趣向の読み切りをまとめた作品集だったので、ああ、今後はそちらの方向性を目指していくのかな、と思われた。しかし、この『うぬぼれハーツクライ』では、再び正統派であるような少女マンガへの揺り返しが生じている。

 確かに作者が「あとがき」めいた箇所にヒロインである葉山ゆりを通常の少女マンガだったら「かませ犬として登場するタイプ」だと述べている通り、たとえば幸田もも子の『ヒロイン失格』を前例に出せるであろうヒネリがその造形には加わっているし、またそれは今日において「残念」と形容されるイメージをも背負わされていることがわかる。ここでいう「残念」とは、新書の『一〇年代文化論』で著者のさやわかが肯定の修辞として解説していたものと同一であって、つまり『うぬぼれハーツクライ』は「残念な美人」をヒロインとしているのである。この意味で、現代的な感性と文化の水準に目配せをした内容ではある。

 葉山ゆりは高校二年生になっても彼氏がいない。ルックスが悪いわけではない。むしろ見映えは良い。ただし、ナルシシズムの傾向があり、恋人を選ぶ目は厳しい。並のレベルだったら言い寄ってこられても簡単に断ってしまう。彼氏ができないのは自分に相応しい男子がいないからだとすら思っている。そんな彼女の前に、ついに理想の人物が現れるのだった。それが同じクラスの綾倉真である。綾倉は、容姿のみならず、育ちに優れ、勉強でも部活でも秀でている。まるで欠点がない。彼こそが自分に相応しい。そう判断したゆりは、綾倉にアプローチを仕掛けるのだが、あろうことかまったく相手にされない。最初は軽い気持ちもあったゆりだけれど、頑なな態度の綾倉と接するうち、彼のことが本当に好きになってしまっていた。

 自分になびかない異性に対するヒロインの奮闘劇を予感させる筋書きである。そこに、ヒロインは「残念な美人」であるというヒネリが入ってきている。ゆりのプライドの高さは作品のユーモラスな語り口に繋がっている。が、彼女は必ずしもコンプレックスから自由なわけではない。いや、こうもいえる。とある失恋の経験=コンプレックスが現在のプライドの高さに反転しているのだ。

 繰り返しになるが、「残念」に喩えられるゆりの我の強さは『うぬぼれハーツクライ』のチャーム・ポイントであろう。外見と内面のギャップを、後者によって前者を補うのではなく、前者によって後者を補うということについて、何よりもゆりが自覚的であるところに、コンプレックスを反転させたプライドの高さが存在している。その彼女がどうして綾倉に惹かれるのか。それは綾倉が彼女とは決定的に異なった人間、外見と内面のギャップを埋め合わせる必要のない人間だからである。外見と内面とが見事に一致した綾倉の清々しさが、ゆりにとっては眩しい。ゆりばかりではなく、他の誰にとっても眩しい。その眩しさは、ときに顰蹙を買ってしまうほどでもある。綾倉をライヴァル視する新見の原動力も、おそらくは顰蹙と無関係ではない。

 ゆりや綾倉はもちろん、新見を含め、『うぬぼれハーツクライ』においては主要な登場人物を美男美女が占めている。その点では、美男美女による貴族のゲームとしてのラヴ・ロマンスに近い。綾倉の唯一の親友とされる小池でさえ、重要なポジションにいるようでいて(特徴のないルックスであるがゆえに)現時点では実質的にモブの役割を出ない。あるいは新見や、ゆりの友人である美優の、こいつらちょっと小賢しいよねえ、という立ち振る舞いも、それが貴族ならではの駆け引きだとすれば、当然のテクニックではあるのだろう。綾倉だってあれだよ、プロフィールが既に貴族みたいなもんじゃん。ただし、ギリギリのラインで『うぬぼれハーツクライ』を、貴族のゲームとは別種のラヴ・ロマンスに落とし込んでいるのが、ゆりの「残念な美人」であるという特徴だと思う。

 ゆりが「残念な美人」であることのなかには、貴族にはなりきれない人間に通じる共感が含まれている。そして、その共感と片想いの奮闘劇、ヒロインのガンバリズムをベースにしながら、ラヴ・ロマンスを描くことで『うぬぼれハーツクライ』は、正統派であるような少女マンガとなっている。

・その他香魚子に関する文章
 『シトラス』1巻について→こちら
 『隣の彼方』について→こちら
 『さよなら私たち』について→こちら
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック