ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2014年06月15日
 In Fact 【初回限定盤】(DVD付) In Fact 【通常盤/初回プレス仕様】 In Fact 【通常盤】

 そう、〈何度も / 声が嗄れても / 君に呼び掛けてる〉そのフレーズの逞しさに手を引かれていくような気がしたのだった。4人体制になったことでセンターが発生しないというKAT-TUNのトライアルは、先頃の『楔-kusabi-』アルバムにおいて着実な成果を上げていたと思う。かくして、その成果をタイアップ付きシングルのフォーマットに落とし込んだのが、この「In Fact」になるのだろう。基本の路線は「FACE to Face」や「楔-kusabi-」(楽曲の方)と続いてきたミステリアスなムードのダンス・ナンバーであって、それはKAT-TUNにとっての新しい様式とも見なせるものだが、クラブ・ミュージックを参照したアップ・テンポのビートと(線の細さが転じて)ヒロイックな叫びに喩えられるようなヴォーカルのメロディとが、これまで以上にマッチしている。総体的にフックが強いのである。

 低音のキックとベースのうねりに衝動がじらされる。しかし、バックのトラックは次第に激しく、ダイナミズムを得、塞ぎ込むのとは反対の角度に気持ちを煽っていくだろう。鋭くされた高揚がある。4人のヴォーカルによって歌われるのは、このグループに最も似つかわしい光と影の物語だ。ユニゾンで繰り返されるコーラスは、光を掴まえようとしているのにどうしてか影ばかりを踏んでしまう悲劇を、悲劇のままでは終わらせまいというロマンティシズムの内側に同居させている。確かに〈帰ろう / 僕らは / 僕らのあるべき日まで / 今日も / また / 君と答え探す〉と誓いながら〈ぐっと / 握った手の平を開いたら / 希望が震え出す〉のだけれど、そこはあくまでも〈霧の中で〉ある。逆説的に換言するのであれば、そこがあくまでも〈霧の中で〉あるがゆえに〈帰ろう / 僕らは / 僕らのあるべき日まで〉と願う声に信じられるものが生まれているのではないか。こうした両義性は、やはりKAT-TUNのイメージに相応しいし、リリックのみならず、ダウナーを完全に振り切ったサウンドにも反映されている。KAT-TUNをめぐるコンテクストを踏まえたとき、〈僕ら〉はもちろんKAT-TUNを指し、〈君〉はファンを指していると考えてもよい。エンディングに向かって、一層勢いを増していくキックの連打は、絶対に霧を抜けられる、という予感であり、確信だ。

 タイトル・トラック以外では、通常盤初回プレス仕様に入っている3曲が、ちょっと侮れませんね、と思わされるものである。アコースティックな調べがセンチメントな情景を描き出していく「MY SECRET」にせよ、タイトル通りといおうかブラック・ミュージックのエッセンスを導入した「BLACK」にせよ、ギターのカッティングに合わせてグループにまつわる固有名詞が引用される「DANGEROUS」にせよ、今のこの4人だからこそ、と納得させられるヴォーカルのパフォーマンスを聴かせてくれる。魅力的なバランスがあって、非常に洗練されている。

・その他KAT-TUNに関する文章
 『楔-kusabi-』について→こちら
 『FACE to Face』について→こちら
 「WHITE」について→こちら
 「CHANGE UR WORLD」について→こちら
 『NO MORE PAIИ』について→こちら
 「Going!」について→こちら
 「Love yourself 〜君が嫌いな君が好き〜」について→こちら
 『Break the Records -by you & for you-』について→こちら
 「RESCUE」について→こちら
 「ONE DROP」について→こちら
 「White X'mas」について→こちら
 『KAT-TUN III - QUEEN OF PIRATES』について→こちら
 「DON’T U EVER STOP」について→こちら
 「LIPS」について→こちら
 「喜びの歌」について→こちら
 『Cartoon KAT-TUN II You』について→こちら
 『Live of KAT-TUN “Real Face”』DVDについて→こちら
 「REAL FACE」について→こちら

 DVD『KAT-TUN LIVE Break the Records』について→こちら
 DVD『KAT-TUN LIVE TOUR 2008 QUEEN OF PIRATES』について→こちら

 コンサート『KAT-TUN LIVE TOUR 2012 CHAIN』(2012年4月20日・東京ドーム)について→こちら
 コンサート『KAT-TUN LIVE TOUR 2010 PART2:WORLD BIG TOUR』(2010年・東京ドーム)
  7月24日の公演について→こちら
  7月17日の公演について→こちら
 コンサート『KAT-TUN LIVE TOUR 2010 公開リハーサル』(4月28日・さいたまスーパーアリーナ)について→こちら
 コンサート『不滅の10日間ライブ KAT-TUN TOKYO DOME 2009』(09年・東京ドーム)
  6月15日の公演について→こちら
  5月22日の公演について→こちら
  5月18日の公演について→こちら 
 コンサート『KAT-TUN LIVE TOUR 2008 QUEEN OF PIRATES』(08年8月5日・東京ドーム)について→こちら
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(2014年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/399501797