ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2014年05月24日
 くろアゲハ(1) (月刊マガジンコミックス)

 00年代の後半からヤンキー・マンガのジャンルでは自伝をベースにした作品が数を増やしている。『ドロップ』シリーズが代表だが、芸能人が原作のものも少なくはなく、『ハダカの美奈子』のコミカライズ等もそこに入れられるだろう。他方、2010年代も半ばに差しかかり、別の傾向の作品が目立ちはじめているように思う。それはつまり、往年のヒット作の続編である。

 もちろん、『クローズ』の続編にあたる『WORST』等を挙げられる通り、続編もの自体は以前からあった。が、しかし、2014年のここにきて、『カメレオン』の続編である『くろアゲハ』や『[R16]』の続編である『[R16]R』、そして『湘南純愛組!』の続編である『SHONANセブン』等が、次々に登場している。それらの作品に共通するのは、当時の登場人物のその後の姿を直接描くのではなく、オリジナル版より数世代下の若者を登場人物にしている点だ。周知のように『湘南純愛組!』の続編としては既に『GTO』がある。『GTO』は『湘南純愛組!』の主人公、鬼塚英吉のその後の姿を直接描いている。これに対し、『SHONANセブン』は、鬼塚たちの数世代下の若者を登場人物にしている、という意味での続編になるのであった。要するに、オリジナル版と舞台や設定は一緒なのだけれど、時代とキャスティングが違う。『BADBOYS グレアー』や『WORST』のアプローチに近い。

 加瀬あつしの『くろアゲハ』は、たとえば『SHONANセブン』や『[16]R』(あるいは『特攻の拓』の続編として『爆音伝説カブラギ』を加えていいかもしれない)が、オリジナル版とは異なった制作陣で描かれているのと違い、『カメレオン』と同じく加瀬本人が手がけている。近年の『ゼロセン』や『ばくだん!〜幕末男子〜』では、あくまでもコメディではあるものの、テーマのレベルで見るならば、今日において硬派とヤンキーとに分類されるような日本男児のイメージ、またはそのルーツを戦時下や幕末にまで遡り、発掘してきた加瀬である。それが『くろアゲハ』では、自らのマンガ家としての初心に立ち返ったといったところだろうか。

 前作である『カメレオン』のエンディングより7年、相沢直樹は県警の交通機動隊員になっていた。その相沢が、ひょんな成り行きから市内最大の暴走族「罵多悪怒愚(バタードッグ)」のアタマ、山本信愛の妹である都姫(みやび)に、かつて自分たちが作った伝説のチーム「OZ」の二代目を受け渡したことによって、物語と騒動の幕は開ける。主人公の星野英太は都姫の同級生である。高校に通いながら、母親が残したスナックを元レディースの姉とともに切り盛りしている。当人は嫌々なのだけれど、姉に女装を無理強いさせられ、エイラと名乗り、夜の蝶を演じるのだった。が、まさか女装しているときに都姫と出会い、強い信頼と尊敬を得てしまったせいで、正体を隠しつつ、「OZ」の活動に協力しなければならなくなるのだ。

 英太は、いかにも加瀬あつしの主人公らしい巻き込まれ型のお調子者である。が、『カメレオン』の矢沢栄作と、少々タイプが違う。ある種の二面性を生きていることは似ているけれど、矢沢ほどのゲスではさすがにないし、口からの出任せもほとんど無自覚なのではないか。しかし、素性の偽り、口からの出任せ、ハッタリを繰り返すうち、暴走族の世界で身の丈に合わないヴァリューを持っていくのだと予感させる。

 基本は確かにコメディだ。正体を隠した少年と高値の花であるようなヒロインを軸にした展開は、昔の少女マンガや少年マンガにありそうなラブコメを思わせるものがある。そうした文法が、今の読み手にとって、古いかどうかはともかく、作品の内容にはちゃんとマッチしている。『くろアゲハ』にあって『カメレオン』にはないもの、それはたぶん「継承」というモチーフである。加瀬のキャリアになぞらえるなら、『ゼロセン』や『ばくだん!』を経、確立されてきたテーマでもある。もちろん、多くの場合、続編ものは「継承」の物語にならざるをえない。したがって、二つの必然が「継承」のモチーフを『くろアゲハ』にもたらしていともいえる。そもそも、主人公の英太は母親の店を「継承」している。都姫は「OZ」を「継承」させられる。接点がないはずの二人が結びつくのはなぜか。英太は店の手伝いをしていたためであり、都姫は二代目「OZ」のプライドを守ろうとしていたためであって、彼らのプロフィールにはあらかじめ「継承」という条件が織り込まれているのである。

 正直なところ、続編ものはジャンルであったり作者であったりのネタ切れと判断されかねない。まあ、その可能性はなきにしもあらずであろう。ただ、90年代にはヤンキー・マンガのニュー・ウェーヴでありえた『カメレオン』がもはや古典となった現在、前作と一緒の舞台、異なったキャスティングと「継承」のテーマを通じ、加瀬あつしが1巻の段階で大変愉快なエンターテイメントを送り出してきていることに変わりはない。

・その他加瀬あつしに関する文章
 『ばくだん!〜幕末男子〜』6巻について→こちら
 『ゼロセン』1巻について→こちら


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。