ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2014年04月21日
 真マジンガーZERO vs暗黒大将軍 4 (チャンピオンREDコミックス)

 ああ、0(ゼロ)とは正しく円環を意味していた。ついに終焉の魔神は〈我は最終にして原初 唯一無二のスーパーロボット マジンガーZERO〉なのだと宣言する。兜甲児は命を張った。剣鉄也は命を懸けた。選択肢が破滅ルートのみの世界を救うべく。そして、物語は再びゼロの地点にリセットされるのだった。結論からいえば、全9巻に渡る『真マジンガーZERO』のヴォリュームは『真マジンガーZERO vs暗黒大将軍』のプロローグにすぎなかった。しかるに、この4巻までに描かれてきた『真マジンガーZERO vs暗黒大将軍』の物語もまた、本当の決着を用意するためのプロローグでしかないことが明かされるのである。

 平行世界、リプレイ、時間ループものとして永井豪の『マジンガーZ』をアレンジしているのが、田畑由秋(脚本)と余湖裕輝(作画)の『真マジンガーZERO vs暗黒大将軍』(と前作の『真マジンガーZERO』)である。かのアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』に喩えるなら(まあ、喩える必要はないのかもしれないけれど)ミネルバXがほむらで、兜甲児がまどか、剣鉄也は他の魔法少女の誰かといったところか。あるいは、兜甲児がまどかで、マジンガーZがきゅうべえ、暗黒大将軍がワルプルギスの夜あたりであろうか。いずれにせよ、無限に近い繰り返しを運命と呼び、それが悲劇であるようなとき、いかに絶望はキャンセル可能かという問いを、巨大なスケールのエンターテイメントのなかに導き出しているのだ。

 無論、Dr.ヘルとゴードンヘルは強敵であった。暗黒大将軍と七つの軍団はそれをも上回る強敵だった。絶望、絶望、絶望。『真マジンガーZERO』の主要人物たちがいとも容易く殺されていき、地球は無残に破壊し尽くされる。しかし、最もおそろしいのは魔神と化したマジンガーZであって、善も悪も関係なく、すべてが終焉に行き着くそのシナリオは、何度ループを経ようと結末だけを決して違えない。マジンガーZの暴走は止められないという『真マジンガーZERO』の展開によって覆されたはずの悲劇が、『真マジンガーZERO vs暗黒大将軍』のここに至って、再び繰り返されてしまう。ミネルバXは、とうとう諦めの言葉を述べるだろう。〈ゴードンヘルを倒し 人類が掴んだ幸せ これほど奇跡的な世界ですら魔神化が発動するというなら 何度世界を繰り返そうと運命に抗うことなんてできない〉と。

 だが、希望への突破口は必ずやある。これが主人公である兜甲児に課せられたテーマにほかならない。そうだ。〈信じろ!!!! この世界の円環を突破し 仲間たちを滅亡から救う希望がある!!!!〉と意気をあげた兜甲児は、剣鉄也とグレートマジンガーに協力を仰ぎ、もう一度世界を繰り返し、やり直してみようと試みるのだった。が、最高に燃えるのは剣鉄也である。兜甲児の試みにおいて、剣鉄也の役割はほとんど捨て駒なのだ。それなのに自分の命を投げ出すことに躊躇いはない。なぜなら〈出撃の時 命はとうに懸けてきた!〉からであって〈グレートと俺は受けた仕事はきっちりやり切る!どんなにボロボロになろうが!死ぬ寸前だろうが!最後は必ず勝利を掴む!〉と信じて止まない。

 それこそ「世界を救うために自分の命を犠牲にできるか」式に一般化された問いは偶に見かけるものであろう。そこで悩むのは、アマチュアであり、そもそも世界を救うだけの資格があるかどうか、あやうい。少なくともプロの勇者は、悩まない。世界を救うという断定のみを生きる。見よ。兜甲児をもって〈彼の戦士としての矜持は本物だ〉と言わしめる剣鉄也の奮闘は、今まさに終わろうとする世界のなかで世界を救うための活路を確実に切り開いた。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/395208039