ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2004年07月31日
 乙一がWEB上で公開していた本当と嘘が混じった(本当に嘘を混ぜた)日記をまとめたもので、たとえば女性作家などが公開しているWEB日記などと比べると、非常にネタ度が高い、というか、ぶっちゃけて日記というよりはネタ帳とでもいうべきものなのであって、片手間ぐらいでニヤニヤして読むのがちょうどいい。でもって、とくに秀逸なのは、じつは本文よりも脚注であったりする。乙一のユーモア・センスというのは、この本でもちょこっと取り上げられているマンガ家、施川ユウキの持っているものに近しい。その近さというのは、世代的なものに起因しているのかどうかというのが、僕の興味のあるところである(たぶん参照項が近いんだろうと思う)。それはともかく。その脚注でもって10ページに渡り解説される滝川竜彦、西尾維新、佐藤友哉らとともに臨んだらしい合コンの話がおもしろい。内容を書くとネタバレになってしまうので書かないが、これまで合コンというものに参加したことのない僕などはそれを読むと、ああ合コンっていうのはやっぱり怖いんだなあ、と思って、ただただ萎縮してしまうのであった。
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック