ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2014年01月31日
 東南角部屋 1 (マーガレットコミックス)

 田島みみの『東南角部屋』は、この1巻の「あとがき」にある通り、作者にとっては〈初めての大人の女性向けまんが誌掲載作品〉となっていて、なるほど、登場人物の年齢や設定、絵柄の部分に、以前と比べ、大きく変化が持ち込まれている。ただし、男女の三角関係をモチーフとしているという点においては、そしてそれはこの手のラヴ・ロマンスの様式性ではあるのだったが、田島自身の持ち味に忠実すぎるほど忠実なものでもあろう。その意味で、一貫している。

 引っ越しの直前でアパートの契約を反故にしてしまい、一晩路頭に迷うこととなってしまった夏目翼は、それを見かねた通りすがりの男性、千賀大輔に声をかけられる。大輔のそのチャラい言動とルックスから、最初は用心していた翼なのだけれど、成り行きのまま彼を頼りにするしかなかった。大輔は隣人であり友人である川島薫のところで寝泊まりすると言う。ばかりか、自分の部屋をしばらく使っていてもいいと翼に許可するのである。そこは実際に翼が大家を兼ねているマンションでもあった。結果、そのマンションの空き部屋を翼が借り受けることになり、三人の生活は次第にリンクしていくようになるのだった。

 過去の作品であれば、ヒロインがお姫様の立場にあって、二人の王子様が彼女を中心とした綱引きをするというのが、田島のマンガに見られた傾向である。だが、『東南角部屋』では、決してそうとは明言されていないものの、大輔に好意を寄せる同性愛者であるかのように薫は描かれており、(少なくとも今の時点で)お姫様をめぐる王子様同士の対立は確認されない。このへんが、活動の場を移しての新機軸であるかもしれない。

 とはいえ、重要なのは、社会に出た女性をヒロイン(翼は警備員の仕事をしている体力派である)に置きながらも、ディテールや展開のレベルでは、必ずしもリアリズムで読まれるべき内容にはなっていないことだと思う。大体、リアリズムの尺度を採用するのであったら、見ず知らずの人間にひょいひょい付いていくヒロインは単に迂闊であるし、それが善意からくるものであれ、ラヴ・ロマンスに相応しい物語の入口となっているのはいくらか都合がよすぎる。もちろん、悪く言っているのではない。あくまでもリアリズムの尺度に限ったらの話であって、しかし『東南角部屋』の本質もしくは魅力はおそらくそこではないだろう。

 モノローグに明らかであるようにヒロインの内面が主に作品のエモーションを握っているのに対して、大輔や薫の内面は奥に引っ込まされている。とりわけ、にこやかな表情を崩さない大輔の内面はほとんどクローズドだといえる。それはつまり、彼らがフェアリーテイルにおけるファンタジーに近い役割を果たしているからなのである。『東南角部屋』がある種のフェアリーテイルであることの暗示なのだ。

 現状、確かに社会を舞台にはしているが、翼の特権的な立場、ヒロインならではのポジションは、二人の男性の登場によって与えられている。これは学園ものがそうであるのと同じく、少女マンガに特徴的なラヴ・ロマンスの様式性とその構造に由来する。そうしたなかにこそ、作者のきらきらとした持ち味は生きてきているのだ。反面、今後、ヒロインの家族や女性の自立などのテーマが浮上してくる可能性もないわけではない。それは過去の作品にはなかったものである。どう転ぶか。田島のキャリアにとって『東南角部屋』がどのような作品であるのかの判断は、もう少し先まで待たれなければならない。

・その他田島みみに関する文章
 『青春ロケーション』第1巻について→こちら
 『君じゃなきゃダメなんだ』
  3巻について→こちら
  1巻について→こちら
 『学校のおじかん』
  17巻について→こちら
  13巻について→こちら
  12巻について→こちら
  9巻について→こちら
  5巻について→こちら
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック