ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2014年01月09日
 Obliterations [Explicit]

 ハッピーでなんかありやしねえよ。気分はまあ、いつだって低空飛行になりがちなのだったが、それでもダレてばかりはいられないし、切迫したものに激しく胸を突き上げられることがあらあ。そのとき、米カリフォルニア州ロスアンゼルスの4人組、OBLITERATIONSのセルフ・タイトルのデビューEPは、格好のBGMだ。そこで聴かれるサウンドは、バンド自身がバイオグラフィでアピールしている通り、 BLACK SABBATHと BLACK FLAGからインスピレーションを得ているのだろう。重心を下に置き、無骨な軋みとアンダーグラウンドに似つかわしいオーラをまとっているのだけれど、何よりもシンプルでストレートなハードコアであり、ロックン・ロールとして非常に滾っている。要するに、カッとくるのである。MC5やTHE STOOGES、ZEKEやTHE DWARVESあたりを引き合いに出して構わないかもしれない。ハイ・エナジーのスピード感がある。SAVIOURSのヴォーカルやBLACK MOUNTAINのギターによって組まれたバンドらしいが、それらに特徴的なドゥームであったり、サイケデリックであったりのエッセンスは、ほとんど持ち込まれていない。OBLITERATIONSの強烈なビートが立ちのぼらせているのは、「くそったれ。こんちくしょうめ」の衝動と同義になりうるような攻撃性であって、荒々しいガレージ・パンクを着こなした「KICK AGAINST THE PRICKS」をはじめとし、猥雑であるがゆえに正直なスタイルはばっちり決まっている。

 バンドのFacebook→こちら
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(2014年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック