ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2013年12月21日
 CHARON(1) (少年マガジンコミックス)

 アト・ランダムに召喚されたプレイヤーたちが特殊な条件下で互いを出し抜き、ときには殺し合う。サヴァイヴァル、デス・ゲーム、バトル・ロイヤルに喩えられるその手のパターンは、確かに00年代に流行りはしたけれど、流行りは廃れるものなので、2010年代には下火になるだろう、と踏んでいたのだったが、しかしそんなことはなかったぜ、であって、奇妙な変形を得、勢いを盛り返してきているようにも思う。一体誰が何のために登場人物たちを戦わせるのか。こうした問いに対し、じゃじゃーん、すべては神様の仕組んだことでしたー、プレイヤーたちは人類の命運を背負わされてましたー、とかの身も蓋もない(でたらめな)ロジックで応えるタイプの作品が増えているのである。この意味において、かのデウス・エクス・マキナまでもが堂々と姿を見せてしまった『未来日記』は本来退行(00年代における形式の最後列)であるはずなのに、それがアイディア的には先駆(2010年代における形式の最前列)であったという転倒すら起きている。

 正直なところ、人間同士の理不尽な(目的の隠された)殲滅戦であるようなフィクションは、東日本大震災以降、さすがに敬遠されていくんじゃないかな、と個人的には読んでいたのだった。そこにある殺伐さはトゥー・マッチなのではないか、と。だが、読みは外れた。現状は逆であろう。人間よりも上位のクラスが存在している可能性をエクスキューズにすることで、特殊な条件下での私闘にリアリティが、あるいはシンパシーが持たされているのかもしれない。

 山田恵庸の前作『エデンの檻』や以前の『EX 少年漂流』は、まあ少年マンガの範囲内ではあるものの、とりあえず孤島に流れ着いたらレイプという非常に凡庸な認識をベースにしたサヴァイヴァルであった。それが人間であったり男性であったりの本質を描いていることになるのかどうかは知らないけれど、お決まりのコースである以上は退屈だし、特筆すべきほどのものではない。サスペンスはむしろSF的な設定とともにあったかと思われる。SF的な設定といっても、身も蓋もない(でたらめな)ロジックによって回収されてしまうものである。そうしたSF的な設定が、この『CHARON(カロン)』ではさらに前面化されていることは1巻の時点でかなり明確だろう。なぜなら、正体不明の何者かに拉致された計18名の少年と少女とが、あらかじめ自分たちには規模の大きいミッションが課せられているのだと正しく地球を飛び出した場所で告げられるところから物語は動きはじめるのだ。

 もちろん、『宇宙戦艦ヤマト』や『機動戦士ガンダム』の昔よりサブ・カルチャーの歴史に存在してきた『十五少年漂流記』のヴァリエーションとして見てもいい。そこから『蠅の王』や『無限のリヴァイアス』のような残酷さを汲み取ってもいい。だが、規模の大きいミッションを強いられた少年と少女は皆、それぞれの思惑はどうであれ、限定された空間のなか、いかに共同体をキープするかをプライオリティとはしていない。このことが、サヴァイヴァルにもデス・ゲームにもバトル・ロイヤルにも転びうる展開を招き入れている点に留意されたい。そう、主人公である九十八(にたらず)密が、他の登場人物たちとは違って、積極的には自分が置かれた状況に荷担しようとはせず、〈騙し合いでも殺し合いでも好きにするがいい〉と言い放つ通り、敵対するプレイヤーを出し抜き、ときには命を奪うことを一つの前提として作品は構築されているのである。

 とある登場人物は、自分たちが召集された理由である「救世主(メサイア)計画」というそれについて、こうも言っている。〈要するにこれは…… 聖戦(クルセイド)〉なのであって〈己が信じる神の代理戦争なんだよ〉と。なるほど、様々な宗教や国家レベルの衝突と陰謀論が物語の背景には秘められているようだし、そのことによって動員された少年や少女たちには、全員がそうであるかは不明であるものの、どうやらサイキックに近い者も潜んでいるようだ。聖戦、確かにそうなのだろう。『CHARON』において、聖戦とは、たぶん比喩ではない。しかし、だからといって聖戦とそれに相応しいだけの神話を計18名の少年と少女とが繰り広げていくとは、少なくとも今の段階ではと保留しておくけれど、思われない。せいぜいがサヴァイヴァルやデス・ゲームやバトル・ロイヤルの派生もしくは発展形に止まるのだった。が、裏を返すなら、そこにこそ、この手のパターンの強度(2010年代における形式の説得性)が刻印されている。
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ(2013)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/383229595