ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2013年05月31日
 ザ・ラスト・スパイアー

 ブリティッシュ・ドゥームの巨匠、CATHEDRALのラスト・アルバム『THE LAST SPIRE』がとうとうリリースされてしまった。とはいえ、リリースされてしばらく経つわけだが、繰り返し聴きながら、これは本当に最後の傑作であるな、と思うし、正しく有終の美を飾るのに相応しい。つくづく思わされる。アヴァンギャルドな路線を模索することで異形の様式へと辿り着いた初期の三作『FOREST OF EQUILIBRIUM』(91年)『THE ETHEREAL MIRROR』(93年)『THE CARNIVAL BIZARRE』(95年)と、ヘヴィでスローなハードコアを再発見したかのような6作目の『ENDTYME』(01年)に個人的な愛着はあるのだけれど、『THE LAST SPIRE』はそれらに並ぶかもしれん。リー・ドリアンとギャリー・ジェニングスの持ちうる才知が、非常に「濃く」そして「豊かな」音楽性を唯一無二のイメージのなかに出現させているのである。

 当時は途轍もなく「遅い」「重い」と驚かされた『FOREST OF EQUILIBRIUM』を現在の感覚で判断しようとすると確かに不吉な「暗さ」はあるものの、ギターのリフは結構「鋭い」し、場合によっては「速い」と感じられる。要は、その総合的なスタイルこそが新しい発明であったがゆえに、様々なラウド・ロックの可能性が開拓された分野において90年代初頭を代表するマスターピースの一つになりえたのである。続く『THE ETHEREAL MIRROR』は、そこへキャッチーとも取れる要素を大胆に盛り込み、『THE CARNIVAL BIZARRE』では、フックをより強烈とすることでメジャーなレベルでのハード・ロックを成立させるに至った。その後の試行錯誤は、オールド・スクールなフォーク・ロックやプログレッシヴ・ロックに対する憧憬を、おそらくは成熟と同義であるようなバランスとして解釈できるものにしていき、2枚組の前作『THE GUESSING GAME』(2010年)で、多種多様でありつつも極めてマニアックな世界に到達するのだったが、こうしたキャリアを統括した上でなお、過去の焼き直しに終わらないヴァージョンのCATHEDRALが『THE LAST SPIRE』にはたっぷり詰まっている。

 ギャリー・ジェニングスのギターが良い。ここ最近で一番良いのではないか。もちろんのこと、リー・ドリアンのヴォーカルは相変わらず個性的であるし、リズム隊の活躍も目覚ましいのだけれど、構築的であると同時に滑らかでインパクトの著しいリフが次々放たれては、このバンドならではのドゥーム・メタルを明瞭に織りなしていく。重低音のフレーズが禍々しさを倍加させる一方、物悲しげなアコースティックの調べが、決して単色に染め上げたのではない、意外にもカラフルであろう、いくつものパートに分かれた楽曲をさらなるアクセントを入れ、その印象を何よりマジカルにしているであろう、の役割を果たすのだ。イントロダクションである「ENTRANCE TO HELL」を受け、どろどろのグルーヴをソリッドに響かせる(これが語義矛盾ではない)2曲目の「PALLBEARER」がブリリアントである。11分にも及ぶ大作のなかからCATHEDRALをCATHEDRALたらしめてきた多くの魅力が溢れ出てくる。スロー・テンポ、ミドル・テンポ、アップ・テンポを含めた一つのナンバーがある種の総集編であり、ダイジェスト版のようでもある。

 ざらついた触感のハードコアを想起していると神秘的なメロトロンの旋律が飛び出してくるので、ぎょっとするという3曲目の「CATHEDRAL OF THE DAMNED」や、初期の勘を取り戻したのか、リズムがずっしり沈んだまま展開するという4曲目の「TOWER OF SILENCE」以降も、ギャリー・ジェニングスのギターは兎角冴え渡っている。ああ、そして、リー・ドリアンのヴォーカルはそのくっきりとした輪郭に本来備わるべき魂を注ぎ込むカリスマの息吹だろう。ともすれば、ヘタウマの一言に回収されてしまうタイプのシンガーだけれど、所謂エモーショナルとは別次元の説得力を持った歌声は長き物語の結末まで呪術めいた妖しさを損なうことはなかった。
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(2013)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック