ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2007年03月15日
 スイーツ禁止委員会 

 もしかするとプロフィールに京都精華大学マンガ学科卒とある人の作品を読むのは、この、かじの『スイーツ禁止委員会』がはじめてのような気がする。しかし正直なところ、絵もストーリーも、新人という点を差し引いたとしても、かなり巧くない(それを個性的と言い換えられる可能性もある、が)。また発表された雑誌がどれも『ザ・デザート』周りだということもあってか、まずセックス(性交)ありきのシチュエーションも、論理と倫理がぐちゃぐちゃで、たとえば「生出し禁止委員会」という、えらい題の一篇があり、そこではたしかにコンドームの使用が推奨されてはいるのだけど、あくまでも避妊の一面でしかそれは考えられておらず、性行為による病気の感染等は危険視されない、裏を返せば、妊娠さえしなければ生でもいいじゃん、ということになってしまう。こういう話をすると、おまえは頭がかてえよ、と言われてしまうかもしれないが、ここでのコンドームの使用をモチーフとした内容は、やがて、セックス(性交)のさいに自分のことばかりではなくて相手の気持ちや負担も考える、そのようなテーマに突き当たるため、やはり、ひとつ掘り下げが足りなかったと考えるべきであろう。こうして、先に批判めいた旨ばかりを述べてしまったけれども、恋愛をしている女性(少女)の心理がいかに動くか、その切実なエモーションの掴まえ具合がいい。そのへんはおそらく作者の資質によるものではないか。最初に述べたとおり、技術的にはだいぶ拙いにもかかわらず、はっとする描写がいくつかある。
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ(07年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック