ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2007年02月17日
 ロッキン★ヘブン 3 (3)

 藍と元彼女が抱き合う場面に遭遇してしまった紗和の、その乙女心はこれまでにないぐらい、てんやわんやになるのだった。と、ここだぞ、ここがたぶんこのマンガの山場だぞ、といった展開の、酒井まゆ『ロッキン★ヘブン』の3巻なのだけれど、そこから先の話の持っていかれ方が、良く言えば王道、悪く言えば定型でしかないような、そういう少女マンガのパターンに入ったきりになってしまうので、すこしばかり鼻白む。換言すると、この登場人物たちでなければならない、この物語でなければならない、という必然性を強く感じられなかったのである。そのことは、紗和と晶とのあいだで友情が明言されるエピソードに関しても同様で、いや、いい話ではある、いい話ではあるのだが、晶のコンプレックス・パーソンぶりもまた、ステレオ・タイプに過ぎるあまり、底が浅く、結局のところスネているだけ以上の表現となっていない。そのため物語の要である、登場人物たちの、あかるい積極性が、ここではやや魅力を欠いてしまっている。

 2巻について→こちら
 1巻について→こちら
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ(07年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/33875386