ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2004年07月23日
 女の子が主人公の恋愛マンガ(形式としては少女マンガというのかな)は、ヒロインが自分のほんとうの気持ちに気づくところ(いやん、恥ずかしい)で、ピークに達すると思っているのが僕である。で、この2巻でヒロインが、自分がいったい誰のことをほんとうに好きなのかがわかってしまって、『高校デビュー』はこの先どうなってしまうのだろう。次の巻あたりで、終了なのかしら。というのも、このマンガは基本的に、モテない(女らしさの足りない)ヒロインが、とてつもないハンサムさんから恋愛に関するレクチャーを受ける、という構図で成り立っていて、その関係性が崩れてしまったら、そのあとは凡庸な少女マンガとして物語を展開せざるをえなくなってしまうからだ。そのように考えると、ああ、この2巻の進み方は、すごく勿体ない気がする。
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック