ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2005年04月27日
 フルタイムライフ

 好みをいえば、『きょうのできごと』はいまいちぴんとこなくて、その他の作品はぼちぼちで、『青空感傷ツアー』がベストなのだけれど、これもけっこう良かった。たぶん、終わりのない生活のなかで変化を否定しない、そういう姿形が好きなんだ、と思う。

 五月、仕事にもすこしずつ慣れてきた頃、だけど私生活では見事に失恋してしまう。八月、新しい出会いに、すこしだけ恋の予感がした。基本的な流れは、社会人になったばかりの「わたし」の五月から翌年二月までを、一月につき一章区切りで展開しつつ、勤務中とプライヴェートの両の側面に起る様々ではあるが、しかし、ありふれた出来事を、ほぼ同時進行で綴ってゆく、といったものである。比重は仕事にだけじゃなく私生活にだけじゃなく、おそらくそのような意味で、フルタイムライフという題名がつけられている。

 この作家の登場人物は、もしも明言化するのであれば、無気力で無関心ということになるけれども、それが、けっしてネガティヴなものとして作品に反映されず、読み手の感情移入を誘い込む、まるで自然体で発せられる口語のような親しみ易さを持っているのは、もちろんセリフの多くが関西弁だというのもあるのかもしれないが、それだけじゃない、ときどきは泣いたり、ときどきは怒ったり、ときどきは笑ったり、そうしたシンプルな感情のリアクションを、虚無感や閉塞感に対するささやかな抵抗として、うまい具合に働かせているからなのだ。

 この小説で、それがよく現れているのは、もちろんそこが全体のクライマックスだという部分もあるけれど、やはり一月の章だろう。ゆるやかに訪れた変化が、いろんなものの角度を動かす。だけどそれっていうのはけっきょく、ぐるぐる回るミラーボールみたいなもので、いつだってちいさな光が、あちこちを跳ねている
posted by もりた | Comment(1) | TrackBack(2) | 読書。
この記事へのコメント
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
Posted by 藍色 at 2009年10月11日 14:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

フルタイムライフ 柴崎友香
Excerpt: 喜多川春子22歳。美術系の大学を卒業し、思いがけず包装機器会社の事務職についた。 四季を通して、細やかに綴った新入社員の10ヶ月。 ...
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2009-10-11 14:31

『フルタイムライフ』柴崎友香 を読んで
Excerpt: フルタイムライフ (河出文庫) 柴崎友香 souiunogaii評価 内容紹介 美術系の大学を卒業し、心斎橋の包装機器会社に就職した喜多川春子(わたし)。 事務の仕事に慣れ、働くことの楽しさに..
Weblog: そういうのがいいな、わたしは。(読書日記)
Tracked: 2009-11-23 01:20