ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2005年04月26日
 僕等がいた 8 (8)

 うおおお、なんだよ。この展開は。ちゃんと決着をつけてよ。少年少女の淡くも醜い恋愛観が読みどころであったのに、そこから先に続いてしまうのか。二十歳越えたら大人だから、今までのような坊ちゃん嬢ちゃんの甘えというかワガママは通じないぜ。どうすんだろ、この先。僕等がいた、って、もうどこにもいないのといっしょだ、これじゃあ。だって、あれでしょう、「あの頃の俺じゃないんだ」とか「あの頃のままだよ」とか言い出すんでしょ、この人たち。


posted by もりた | Comment(3) | TrackBack(1) | マンガ。
この記事へのコメント
まだつつけて欲しい(泣)
今のまま終わると、なんか中途半端な感じがする
お願いします☆続けてください!!!!
Posted by aoki at 2005年05月01日 10:30
ですね。続き楽しみにしときましょうか。
Posted by もりた at 2005年05月01日 17:03
何!?あの終わり方(*−*:)僕等がいたってそーゆー意味なの!?かつてあーゆー恋をしたってことなんでしょうか・・・。八巻のあの終わり方マジ切ない(泣)でもあんなに早く大人になっちゃたらちょっと悲しい。

Posted by メク at 2005年05月09日 14:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

僕等がいた
Excerpt: このまま終わらないで欲しいこのままだとなんか中途半端な感じがする
Weblog: メタ検索☆ページワン: ブログで口コミ情報: 僕等がいたについて【1】
Tracked: 2005-05-01 10:32
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。