ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2006年12月28日
 岳 3 (3)

 石塚真一『岳』の、作中に流れる時間がどのようなものか、真剣に考えたときはないのだけれども、この3巻で見られる、新人救助隊員である椎名の成長ぶりには、うんうん、と親身な気持ちになってしまうのだが、しかし、こういう一話で完結するマンガというのは、どれだけエピソードにヴァリーションを持たせられるかといった面もあり、そちらに関しては、やや懸念を覚えてしまったのは、高齢者を扱ったものが、いや、ま、たしかに以前からけっして少なくなかったとはいえ、やけに目立つように感じられたからなのだった。雄大な自然のなかの、ちっぽけで厳かな生と死をめぐるドラマとしては、あいかわらず胸に響く内容になっているだけに、そのあたりが、すこし、気にかかった。

 2巻について→こちら
 1巻について→こちら
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ(06年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック