ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2006年12月25日
 そんでむらさきどーなった? (マーガレットコミックス)

 『そんでむらさきどーなった?』は、幸田もも子が『ザ マーガレット』をおもに『デラックスマーガレット』や『別冊マーガレット増刊号』に発表したマンガを収め、作者にとっては初のコミックスだということもあって、拙いところも多く見受けられるが、もっとも発表時期の新しい「初恋日和」のような、ひじょうに短く、心情だけの綴られた作品からは、今後に伸びていく可能性がうかがえる。絵柄は、やはり『別冊マーガレット』周りのマンガ家(といってしまっていいのかはわからないが)アルコや高野苺に似たところがあり、作風も、近しい線を感じるコメディの要素が強いものだといえる。表題の「そんでむらさきどーなった?」や、そのプロトタイプである「純潔ヴァイオレット」には、あまりそそられなかったけれど、先ほどいった「初恋日和」や、そのほかにも「どこへ行ったの? あのバカは」などは、愉しく読めた。「どこへ行ったの? あのバカは」で扱っているのは、「そんでむらさきどーなった?」と同じく、幼馴染みとの進展しにくい恋愛なのだけれども、おおきく違うのは、告白してからの距離ではなく、告白するまでの距離を描いている点にあって、そのさい障害として置かれる出来事が、あまりにも現実的ではないことが、翻ってヒロインの感情に説得力を増させる結果となっている。
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ(06年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/30244800