ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2006年12月25日
 高野苺は、『愛し金魚』に惹かれるものがあったのだけれども、この『Shooting Star』に関しては、ちょっと厳しいなあ、と顔を顰めさせられた気分である。表題の「Shooting Star」は、全四話のシリーズで、青春パンクというかフェイク・パンクというか、一種のファッション・パンクな高校生たちのバンドやろうぜ的なものだ、と、一言でまとめられるが、いかんせん、登場人物の賑やかな性格以外に読むべき点が少なく、物語に集中するのが難しいし、また『愛し金魚』のときも述べた気がするけど、おそらく作者当人は(初期の)矢沢あいや(現在の)いくえみ綾を意識しているのではないか、と思わせる絵柄が、時折きらたかしに見えてしまうあたりに顕著なように、おおもとの感性はヤンキーに近しいのだろうから、そのへんを生かすつもりなのか殺すつもりなのか、はっきりとした自覚があったほうが良いように思う。

 『愛し金魚』について→こちら
posted by もりた | Comment(1) | TrackBack(0) | マンガ(06年)
この記事へのコメント
なんか偉そうに
評価してますね
Posted by わ at 2008年11月02日 14:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック