ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2006年12月15日
 minima! 1 (1)

 どこか性格のいじけている及川飴は、学校のイベントで訪れた遊園地の、ワゴンセールのなかから、自分が取り上げた一体の人形が、まさか喋るだなんて、それどころか感情を持ち合わせているだなんて、思ってもみなかった。かくしてニコリと名乗る、片手ほどの大きさのオモチャが、人間の世界で、てんやわんやと巻き起こす騒動を描いた、桜井まちこの新作『minima(ミニマ)!』は、その麗しい絵柄は、あいかわらず、とても目を引くのだけれど、内容は、この作者にしたら新境地にも思えるファンタジックなコメディで、そういうこともあってか、この1巻を読むかぎりでは、話し運びのテンポが、どうも、いまいち、しっくりきていないような気がした。いかんせん、ニコリを、その特異性をべつに隠すまでもなく、ごく一般の人間社会に放り込むまでの過程が、性急すぎる。そのため、〈…………あいつ……なにもわかっちゃいない……人間の前でしゃべるってのがどういうことか……もう戻れないぞ……〉といった不穏なモノローグで暗示されている、ニコリの、本質的には玩具であるという宿命が、物語のなかで、あるいは読み手が共有できるレベルで、たんに珍しいものを見る以上の効果を発揮していない。とはいえ、たとえば飴が幼馴染みの男子に言われる、〈……おめーーは いーーっつも そーーだな 輪ん中に入ろーとしねェ / ガキの頃だって みんなで鬼ごっこしよーっつってんのに ぜってー入ってこねェしよ「鬼になんのも鬼に追っかけてもらえないかもしんないのも嫌」おめーそんなんじゃ鬼ごっこどころか なんもできねェじゃんよ〉、こういう言葉とその場面に顕著な、対他関係における内面の傷つかせ方は、やはり、うまい。しかし、登場人物たちが中学生に設定されているここでは、その暗さが、逆に、つらい、か。以前にもいったが、僕は短篇集『WARNING』に入っている「冬の塵」がとても好きで、ああいう作者と等身大の物語のほうが、今の作風には合っているのでは、とも感じられた。

 『H-ラブトーク-』について→こちら
 『H-エイチ-』6巻について→こちら
 『H-エイチ-』3巻について→こちら
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ(06年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック