ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2012年09月27日
 ゲバルト 1―青色テロル×青春グラフィティ!! (ヤングキングコミックス)

 この世界には不良にならざるをえない人間というのがいる。それが決して逃れられない運命のようなものであったとしたら、実は不幸な話なのではないか。一方で、本来不良とは無縁であるのに不良に憧れる人間というのがいる。後者が不良になろうとするとき、しばしば自己実現や自己改革の物語を生きていると見なされるのであって、いや、確かにその筋書きには相応のカタルシスがあるよね、普遍性があるにはある、とは思う。これを端的に再現しているのが、つまりは不良デビュー型のヤンキー・マンガであろう。そして、最初の1巻を読む限りでは、コウノコウジの『ゲバルト』もまた同様のヴァリエーションだといえる。

 少年は不良の道に進むことを決心する。〈高2の夏、僕は不良になることに決めた〉のだった。玄葉瑠偉人は、何の取り柄もない自分のプライドを保つために工業科のヤンキーたちを心のなかで見下し、それでもクラスの上位グループからは浮きたくないので声優アイドルのファンであることを隠しながら、平凡な高校生活を送っていた。しかしある日、他校の不良に絡まれ、散々な目に遭っているところを、普通科で唯一のヤンキーである庵野倶理生に助けられたのを機に、彼が属している暴力的なテリトリーに進んで足を踏み入れていく。というのが、おおよその展開である。が、作品の方向性はほとんど、いちばんはじめのエピソードで出ているように思われる。はからずもオタク趣味がばれてしまい、グループから浮いた瑠偉人が、教室内である種のテロ行為を働く場面だ。

 そこには二つのトリガーがある。一つは、暴力によって飼い慣らされた本性を覚醒させるものであって、もう一つは、自分が価値を置く他人の目を通じて自分を再確認させるものである。この二つのトリガーは、自己実現や自己改革の物語を生きる式のカタルシスを正しく誘発しているのだし、トリガーが引かれ、突然驚くべき行動に及んだはずの瑠偉人の視線がどこか冷めているのは、強圧的な不安の外側にこそ、スペクタクルと呼ぶのに相応しい光景が開けていることを暗示しているためであろう。ただし、そのカタルシスを持続させられるだけのストーリーと充分なスペクタクルはまだ描かれていないという感じがする。

 主人公である玄葉瑠偉人(げんばるいと)の名前は、もちろん、『ゲバルト』というタイトルにかけているに違いない。しかし不思議なことに、作中には「ゲバルト5」なるチームまで出てきてしまう。この重複が、意図的なものか。あるいは行き当たりばったりのケアレス・ミスか。判断はつかない。普通、そのような重複は避けたい(避けて欲しい)ものである。けれど、ゲバルトの一語が作者に対して過剰なインスピレーションを与えていることは明らかだ。ゲバルトとは、字義通り、暴力であって、闘争であって、当然、内ゲバの「ゲバ」でもある。やがて、瑠偉人や倶理生が介入することとなる工業科内部の対立抗争は、実際に内ゲバ以外の何ものでもない。

 大抵、内ゲバというのは、せこくてしょっぱい、と相場が決まっているわけだが、はたして。多少好意的に受け取るなら、そのスケールの小ささは青春のイメージを重ね合わせるのにちょうど適しているのかもしれないし、コウノが本当に描きたいのは自己実現や自己改革のカタルシスではなく、もっと暗いものなのかもしれない。アクション・シーンの派手さに比べ、登場人物たちの表情がぱあっと輝いていないのが、現時点ではひどく印象的なのである。

・その他コウノコウジに関する文章
 『肉の唄』
  3巻について→こちら
  1巻について→こちら
 『アウト・ロー』(原作・木内一雅)13巻・14巻について→こちら
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ(2012)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック