ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2005年04月04日
 雲の上のドラゴンなつこの漫画入門

 ものすごくイヤな人にデフォルメされた(ほんとうにそういう人なのかもしれない)塀内夏子本人が、自分の経験を含めた上で、マンガの描き方をレクチャーするというハウ・トゥ・マンガ。べつにマンガ家になろうとする気はなくても、これ、かなり興味深くて、どういう部分がかといえば、塀内の語る自分史が70年代以降の、同人誌とかのシーンとはべつの、あくまでも正統的な日本マンガの系譜をおさらいするものとなっているのである。講談社からの出版なんだけれども、『マガジン』だけではなくて、『サンデー』や『ジャンプ』のことにもちゃんと触れている。画力についての説明では『北斗の拳』が引用されてたり、森川ジョージや小林まことといった講談社寄りのマンガ家に混じって、島本和彦がゲストで登場したりもする。裏話的要素も盛りだくさんである。しかし、これを読んで思うのは、塀内というマンガの成り立ちもそうなのだが、90年代以前のサブ・カルチャーにおけるメインストリームっていうのは、基本的にマッチョなものを過分に含んでいたのではないか、ということだ。90年代以降になると、そういったマッチョなムードを否定するナイーヴな意識がサブ・カルチャーを支配してくる。それはたぶん、音楽やマンガやアニメを通じて、ほぼ同時進行で起っていたことだ。
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(1) | マンガ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/2775151

北斗の拳
Excerpt: 北斗の拳『北斗の拳』(ほくとのけん)は、原作・武論尊、作画・原哲夫による少年漫画である。当初は、週刊少年ジャンプの増刊号に掲載された一話完結の読み切り漫画であったが、好評を博したため、1983年から1..
Weblog: 【北斗の拳】
Tracked: 2005-05-13 03:11