ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2006年11月17日
 pianissimo.jpg

 ポプラ社から、『psiko』という雑誌の増刊号扱いで、新創刊された『コミックピアニッシモ』は、松苗あけみの素敵な表紙のわきに〈マンガで読む文藝、始まる――。〉とあり、既存小説のコミカライズをおもに扱った内容となっていて、正直なところ、このなかで読んだことのある原作は、それほど良い印象がないものばかりなのだけれども、マンガ家の側の、ゴツボ×リュウジ、たまきちひろ、海埜ゆうこ等がそれをどうアレンジするのか、を目当てにして、購入してみたのだったが、いや、これはちょっと、なんともならねえな。もしかすると編集者の舵取りが駄目なのかもしれないけれど、あらかじめストーリーまたはプロットが制限されている以上の欠陥があるように思う。全体的に、ごくふつうにマンガとして愉しめるのは、自身が原作も兼ねている岸虎次郎の『マルスのキス』ぐらいで、あとは、もはやコミカライズ作家の感がある海埜が、まあ手堅くまとめてはいる。ゴツボとたまきは、もともとラフな絵柄ではあるが、ふだん以上に雑に描いているのでなければ、その作風が内容にマッチしていない。小説とマンガのコラボレイトという企画自体は、それで雑誌一冊つくるという点が志の高いものか、商業的な狙いがあってのことかは知らないにしても、わりと安易なだけに、もうすこし質の向上にこだわるべきであった。
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ(06年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック